バイナリーオプション・海外業者と国内業者の違い

バイナリーオプション

FXでもそうなのだが、バイナリーオプションでも、
国内業者(口座)と海外業者(口座)は、多少の違いがあります。

口座開設をする前に、国内業者・海外業者の違いを知っておきましょう。

※わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

海外業者と国内業者のメリット&デメリット

まずは海外業者と国内業者での違いをざっくりと紹介しておこう。

海外業者のメリット

  • 口座開設の手続きが少ない
  • 短期取引が可能でエントリーも自由
  • 取引可能な銘柄が豊富
  • クレジットカードでの入金が可能
  • ボーナス面の充実

海外業者のデメリット

  • 信用リスク・サポート面の不安
  • 入出金の時間・手数料
  • 繰り越し控除・損益通算が利用できない

 

国内業者のメリット

  • 信用リスクが低く、サポート面に問題がない
  • 税金が一律で、繰越控除・損益通算が利用できる
  • 入出金の早さ

国内業者のデメリット

  • 規制が多く、取引の自由さに欠ける
  • 通貨以外の銘柄取引不可
  • ボーナス面が乏しい

ざっと挙げるとこんな感じですが、
注目してほしい所は「取引の自由性」と「税金面」である。

最も重要なのは「取引の自由性」

バイナリーオプションは「ハイ&ロー」といった感じの
取引だと思っている方も多いとおもいますが…

実際に間違ってはいませんが、海外のバイナリーオプションと、
国内のバイナリーオプションとでは、多少異なる部分がある。

まずは「取引時間の自由」だが、国内取引では2時間ごとにしか取引を行えない。

それゆえ、国内業者で行うバイナリーオプションは、
このブログでも紹介している「テクニカル分析」が使いにくい状況にある。

 

例えば「酒田五法」だが、これはローソク足の組み合わせからなるテクニカル分析であって、
大きなトレンドを予想するテクニカル分析というよりは、
短期取引に向いているテクニカル分析である。

5分足で「宵の明星が出現した!」となっても、確定時刻が1時間後では意味がないが、

海外業者では「30秒後・1分後・5分後」といった短期取引が可能であるため、
テクニカル分析の幅も広がり、取引の自由度が増す。

この点は、一番重要な違いと言って良い。

宵の明星の詳細はコチラ↓

酒田五法 「三川」 宵・明けの明星 / 基本と傾向【FXテクニカル分析】
酒田五法のトレード手法の1つである「三川」の基本と傾向を知り、FXテクニカル分析に活かしましょう。三川は少し「特殊な酒田五法」で、窓が開いた後に、小さな十字架のような「星」が出現することで完成します。窓とは、ローソク足とローソク足が離れて出来た「隙間」のことです。トレード方法は「三川宵の明星」出現で…

2番目に重要なのが「税金」の違い

海外FX・海外バイナリーオプションの利益は、利益によって税金が変わります。

国内業者での取引では一律約20%の税金ですが、
海外業者では利益によって税率が異なってきます。

税金面の詳細はコチラ↓

海外FXと国内FX・税金の違い・確定申告
この記事では「海外業者」と「国内業者」での税金・制度の違いと、確定申告をしなかった場合の処遇について書いていこう。FX取引で確定申告が必要な方の基準…海外業者でも国内業者でも、年間 (1月1日~12月31日まで) の利益が…

年間利益が195万円以下の場合は、海外業者で取引する方がメリットになりますが、
3年間の繰越控除と損益通算が利用できません。

税金面においては、国内業者の方がメリットが大きいと言えるでしょう。

要は「先物取引と併用してバイナリーオプションをやってみたい」とか、
「FXとバイナリーオプション両方で稼ぎたい」といった、
バイナリーオプションを【サブ】として考えているのであれば、海外業者はオススメしない。

複数の金融商品を扱って、すべての商品で年間黒字を出せるのであれば問題ないですが、
そう簡単に事が運ばないのが投資・投機です。

国内・海外・その他のメリット&デメリット

安心・安全・サポート面

安心・安全・サポート面では国内業者が勝る。

海外・国内の業者では安心・安全・サポート面も異なる。

国内のFX(バイナリーオプション)業者は、金融庁登録業者ということもあり、
海外業者よりも信用リスクは低くなるだろう。

その点、海外業者は国内業者より安心・安全面が少し劣るといってもいいが、
それは会社によって異なるため、一概に不安だとは言い切れない。

 

そして「日本語に対応しているかどうか」の問題もある。

海外業者は日本語に対応していても、よくわからない日本語が使われていたりするため、
操作に迷ったりすることも多くなるかもしれない。

海外業者では、そういったサポート面の不安というのも少なからずある。

手続きの簡単さ・クレジットカードでの入金

これは海外業者の方にメリットがある項目だ。

簡単に始められて、入金もクレジットカードを使える海外業者。
一方、国内業者は口座開設に手間がかかり、入金も現金を振り込まなければならない。

海外業者にメリットがあるが、すぐにトレードを開始するのはお勧めしない。
デモ口座の開設が可能なため「ちょっとやってみたい」という感じなのであれば、
デモ口座で、体験してみることがベストだ。

ボーナス面の充実

ボーナス面でも海外業者が勝る。

海外業者では、会社によって異なるが、
入金金額の100%ボーナスといったものもあり、自己資金が倍になることもある。

こういったボーナスを活用しないわけにはいかないだろう。

出金の早さ・手数料

出金面では国内業者が勝る。

海外業者では、海外の銀行を経由して、海外送金として処理される業者が殆どのため、
その分時間が掛かったり、出金するまでの手数料が多くなったりする場合が多々ある。

例:バイナリーオプション口座 → 海外の銀行 → 国内の銀行 → 自分の銀行口座

対して国内業者は、出金が早く、手数料なども少なくなる。

取り扱い銘柄の違い

取り扱い銘柄では海外業者が勝る。

色んな通貨や商品を取引できるのはメリットではあるが、
そこまで手広く取引する必要もない。

むしろ、一つの通貨の癖などを読む方が良いと思ってるからだ。
取り扱い銘柄では、そんなに優劣をつける必要はないと思う。

厨二病
厨二病

なんかさ?今回…ちょっと文章硬くない?
別の人が書いたとか?中二病感ないね?

FX最強武神
FX最強武神

アヘアヘアヘエエエ!!!!

 

まとめ

メリット・デメリットを比較すると海外業者の方が良いと思います。

一番重要なのは「取引の自由度」だからだ。
その他のメリット・デメリットを考えても、取引の自由がなければ意味がない。

ただ、サブと考えるなら国内業者を選択するべきだと思う。
自分の資産状況などを考えて、自分に合った業者・会社を選ぼう。

コメント