MT4(メタトレーダー)が利用できる 国内FX業者 スプレッド比較

シェアする

MT4(メタトレーダー)を利用できる 国内FX業者 スプレッド比較

FXトレードで重要なのはテクニカル分析。

そして、テクニカル分析に必要なのは、
多くのインジケーターが使える優れたチャートです。

各FX業者には、その会社が提供しているチャートがありますが、
一番優れているチャートは、やはり MT4(メタトレーダー)でしょう。

ですが、MT4で直接取引できるFX業者は限られています。

個人的には、海外のFX業者である「XM」が一番のオススメですが、
税金、レバレッジ、入出金などのことを考慮すると、
国内のFX業者でMT4を使いたいという方もいると思います。

このページでは【MT4が使える国内のFX業者】を比較しているので、
スプレッドなどを考慮し、自分に合ったFX業者を選択して口座を開設しましょう。

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
当ブログオススメの【XM】& MT4は使えないが、スプレッド最狭基準の
「DMM.com・GMOクリック証券」などのスプレッド比較はコチラ↓
FX会社スプレッド比較【XMスプレッド詳細】
スポンサーリンク

日本国内「MT4」が使えるFX業者比較

今現在、MT4(メタトレーダー)が利用できる国内FX業者は複数ありますが、
オススメできる業者は少数です。

このブログでは、以下の有名8社を比較しています。

スプレッド比較

レバレッジ・税金などの条件が同じであれば、一番重要なのは「スプレッド」です。
下の表は上からオススメ順に並べています。

オススメ順 USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY AUD/JPY EUR/USD 通貨単位
みんなのシストレ 0.3 0.5 1.0 0.7 0.5 1,000
楽天証券(FXCM)
0.3
0.7 1.2 0.5 0.4 1,000
外為ファイネスト 0.4 0.8 1.7 1.3 0.4 1,000
OANDA JAPAN 0.4 0.7 2.4 1.4 0.5 1
FOREX.com 1.4 1.8 2.4 2.0 1.6 1,000
FXトレードフィナンシャル 1.0 1.4 4.0 2.5 1.4 1,000
アヴァトレード 1.2 2.2 4.8 2.8 1.9 1,000
東岳証券 3.0 3.0 7.0 5.0 3.0 10,000
中二病調べ:最小のスプレッドを記載しています。
スプレッドはレートの変動により、多少広くなる場合があります。

オススメできる「国内 MT4 取り扱い業者」は上位4社です。
上の表から見てわかるように、上位4社 と 下位4社 ではスプレッドに大きな差があります。

そして、ここからは上位4社の情報を記載します。

MT4が利用可能な国内FX業者・スプレッドランキング

【第1位】みんなのシストレ

みんなのシストレ
トレイダーズ証券「みんなのシストレ」

MT4が利用できる国内FX業者の中で、
中二病が一番オススメする業者が「みんなのシストレ(トレード口座)」です。

みんなのシストレでは、裁量トレード口座とシステムトレード口座に分かれています。
上記のスプレッドは、裁量トレード(トレード口座)を利用する際のスプレッドです。

どの業者でも一緒だと思いますが、
システムトレードを行う場合はスプレッドが広くなります。

業界最狭基準のスプレッドでMT4が利用できます。
今や、クロス円のスプレッドは「DMM.com」よりも狭くなっているため、
国内FX業者1位と言って良いくらい最狭です。

クイック入出・出金も問題なく、多くの金融機関を利用できます。
正直、文句のつけようがないくらい優良FX業者です。

また、コピートレードという
「優秀なトレーダーを選んでコピー」してトレードを行うことが可能です。

裁量トレードはスプレッド最狭基準で、
システムトレード・コピートレードなども行えるオールマイティーな国内FX業者。

システムトレードは多少スプレッドが広くなりますが、
初心者の方にもオススメできる、MT4利用可能なFX業者です。

【第2位】楽天証券(FXCM)

楽天証券(FXCM)
FXCM

FXCMジャパンが楽天証券と合併しました。
FXCMのMT4口座は、楽天証券よりも狭いスプレッドを提供しています。

業界でも最狭基準ですが、みんなのシストレの方がスプレッド幅は狭いです。

口座開設時に注意すべきは、楽天FX口座と間違えないようにすること。
オススメ出来るところは「MT4完全攻略本」や「ボリンジャーエンベロープ」の
ダウンロードサービス付きといった特典くらいだと思います。

【第3位】外為ファイネスト

外為ファイネスト

外為ファイネストも、スプレッドは狭い方ですが、
みんなのシストレ・FXCMには劣ります。

法人口座では、多少優遇されているみたいです。
個人的には「みんなのシストレ」が一番だと思っているので、
これ以上オススメできる点を見つけることはできませんでした。

【第4位】OANDA Japan

OANDA JAPAN
OANDA JAPAN 口座開設

OANDA Japanもスプレッドは狭い方です。

他のFX業者と違う一番のポイントは「取引通貨単位」です。
国内業者では「最低1000通貨」が殆どで「10000通貨」の会社もありますが、
OANDA Japanでは「1円」から取引が可能ですが…。

FXを練習する分にはオススメできますが、
正直1円から取引できることに魅力を感じる人はいないかと…。

ドル円・ユーロ円・ユーロドルは最狭基準なので、
資金量と通貨ペアを考慮した場合、利用するという選択肢も出てくるかと思います。

まとめ

国内FX業者でMT4を利用したい場合は「みんなのシストレ」が一番いいと思います。
資金量の問題や、練習を兼ねたトレードであるならば「OANDA Japan」

あとは好みの問題です。

ご自分でも色々と調べてみて、一番自分に合う業者を選択して口座開設を行いましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です