ローソク足 「包み足・はらみ足」 基本と傾向 【FXテクニカル分析】

シェアする

ローソク足 「包み足 はらみ足」 基本と傾向

ローソク足のパターンには「包み足」と「はらみ足」があります。

長いヒゲや、十字架と違い、
2本以上のローソク足を組み合わせたテクニカル分析です。

「包み足」と「はらみ足」の基本、傾向、パターンを知り、
FXのテクニカル分析に活かしましょう。

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

ローソク足「包み足」とは?

包み足とはその名の通り、
一つ前のローソク足を「包む」ローソク足のことです。

まずは画像を見てみましょう。

FX、ローソク足「包み足」

①のローソク足が、一つ前のローソク足を包み込んだ状態ですね。

今回の画像では「陰線」が「陽線」を包み込んでいますが、
逆のパターンも同じです。

また「陰線が陰線を」包む、「陽線が陽線を」包む場合もあります。

その場合も同じ「包み足」です。

包み足の基本と傾向

包み足は「トレンド転換のサイン」です。

上の画像では上昇中に、陰線の包み足が出現し、
その後下降しています。

このように、
陰線の包み足で下降へ転換
陽線の包み足で上昇へ転換です。

また、いつもの復唱ですが、どこで出たかが大事です。

天井圏で、陰線の包み足出現で信頼度UP
底値圏で、陽線の包み足出現で信頼度UPです。

その他、複数のローソク足を包む場合もあります。
複数のローソク足を包んだ場合は、更に信頼性が増します。

使い方は至ってシンプル。

わかりやすい転換サインですね。

ローソク足「はらみ足」とは?

はらみ足とは、先のローソク足が過去のローソク足の
高値と安値の間に入り込んでいる状態のローソク足です。

中二病
イメージとしては、右方向に体を向けている妊婦さん。

FX、ローソク足「はらみ足」

画像を見てみましょう。
大きな陽線の高値と安値の間に、
次のローソク足が入り込んでいる状態です。

はらみ足も、包足と同様に陰線がはらんでも「はらみ足」です。

はらみ足の基本と傾向

はらみ足の傾向は、包み足とは違いトレンド転換のサインではありません

考え方は、サポートライン、レジスタンスラインの「ブレイク」と同じで、
「抜けた方に大きく動く」サインです。
ボリンジャーバンドの「収束」にも似たような考え方ですね。

上昇中に出現した「はらみ足」を上抜けすれば上昇続行。
下抜けすれば下降(トレンド転換)という感じです。

また、包み足と同様に、
多くのローソク足をはらませる程抜けた時の動きは大きくなる傾向があります。

多くのローソク足をはらむという事は、
それだけ「値動きが小さい状態が続いている」ということですから、
抜けた時は、その反動で大きく動きます。

一本だけだとあまり信用できませんが、
複数のローソク足をはらませたら、強力なサインになります。

まとめ

  • 包み足とは、前のローソク足を包んだパターン。
  • 包み足は「トレンド転換」のサイン。
  • 天井圏、底値圏で信頼性UP。
  • 多くのローソク足を包むほど、動き出したら大きく動く。
  • はらみ足とは、先のローソク足をはらんだパターン。
  • はらみ足は「抜けた方に大きく動く」傾向がある。
  • 多くのローソク足をはらむ程、抜けた時に大きく動く。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です