酒田五法 「三山」 基本と傾向【FXテクニカル分析】

シェアする

酒田五法 「三山」 基本と傾向【FXテクニカル分析】

FXテクニカル分析では、
ローソク足で分析を行う「酒田五法」という分析方法があります。

酒田五法とは、江戸時代に生まれた「本間宗久」が、
米相場を読む手法として用い、実際に多くの富を築いたと言われている手法で、
今も尚、株やFX、先物など、様々な投資のチャート分析方法として使われている手法です。

そんな古くから伝わる、
酒田五法のトレード手法の1つである
「三山」の基本と傾向を知り、FXテクニカル分析に活かしましょう。

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

酒田五法「三山」とは?

米相場で「酒田五法」を使い、
大儲けしたと言われる「本間宗久」が編み出した手法の1つで、
現在では「FXトレード・株式取引」に使用されているテクニカル分析の一つです。

酒田五法とは、ローソク足の「5つのパターン」からテクニカル分析を行う手法で、
「三山」とは、酒田五法のパターンの一つです。

酒田五法とは「ローソク足のパターン(組み合わせ)」でテクニカル分析を行います。
ローソク足の基本と仕組み【FXテクニカル分析】

酒田五法「三山」の基本

まずは「三山」の画像を見てみましょう。

三山

この形↑を「三山」逆の形を「逆三山」といいます。

この形は当ブログでも見たことありますよね?

中二病
あれだ…ヘッド&ショルダーだ。
厨二病
違うよ!ダブルトップだよ!
中二病
けど、ダブルトップだと山は2つだ。
厨二病
そうだった。似てると言うなら「トリプルトップ」だね!!

ダブルトップの変化系「トリプルトップ」ですね。
使い方はトリプルトップとあまり変わりません。

三山・逆三山は「トレンド転換」のサインです。

少し違うのは、
ダブルトップ(トリプルトップ)は「波のサイン」(トレンドパターン)で、
三山・逆三山は「ローソク足のサイン」(ローソク足のパターン)という感じです。

トレンドパターン(波)は「対象が大きい」のに対し、
ローソク足のパターンは「対象が小さい」分析手法です。

実際にヘッド&ショルダーと見比べてみましょう。

ダブルトップ↓

ダブルトップ、ダブルボトム

三山↓

三山

ダブルトップは、約60本のローソク足で形成されていますが、
「三山」は、約25本のローソク足で形成されています。

ダブルトップは「相場の流れ」で出来た転換サインで、
三山・逆三山は「ローソク足の組み合わせ」で出来た転換サインです。

酒田五法「三山」の傾向

三山・逆三山は、ダブルトップ(トリプルトップ)と一緒で
「トレンド転換のサイン」です。

ダブルトップでは、2回の頭打ち(反発)後、
サポートライン(ネックライン)を越えたらエントリーでした。

「三山」は、3回の頭打ち(反発)後、
サポートライン(ネックライン)を越えたらエントリー
です。
(逆三山も考え方は一緒です)

3回も同じところで反発しているので、
「これ以上、上昇しないのでは?」
「3回反発しているから、このライン(価格)は強い?」といった予想ができます。

実際に連続で3回反発したラインは 強い です!
私ならサポートライン(ネックライン)を越えたら、迷わずエントリーです。

また、三尊天井・三尊底と同様に、
ダブルトップと比べ、対象が小さいため、その後の値動きも小さい傾向があり、
ダブルトップと違い「利確ポイント」はわからないため、
利確の場合は、他のサインで見る必要があります。

中二病
ダブルトップは「デイトレ~スイングトレード向き」三山、逆三山は「スキャルピング向き」といった感じだったな。

ダブルトップは2回の反発でも信頼できるサインで、三山は3回。

2回の反発より3回、3回より4回反発したほうが、
信頼度が高くなるわけですから、三山も信頼度が高いサインです。

厨二病
ダブルトップより値動きが小さいと言っても、3連続で反発すればその後大きく動く可能性もあるよね。

ローソク足のテクニカル分析なので、注意すべき点は「どこで出たか」です。

天井圏の「三山」出現で信頼性アップ。
底値圏の「逆三山」出現で信頼性アップです。

ダブルトップ(トリプルトップ)は、利確ポイント辺りまで保有し、
三山・逆三山は、利確サインに注意しながら早めの利確を検討しましょう。

その他の「酒田五法」記事 →  三尊三法三兵三川

まとめ

  • 酒田五法とは、ローソク足の「5つのパターン」からテクニカル分析を行う手法。
  • 三山・逆三山共に「トレンド転換」のサイン。
  • 基本的には、ダブルトップ(トリプルトップ)の使い方と一緒。
  • ダブルトップと違い、サインの対象(波の幅)が小さい。
  • 値幅が小さなサインのため、その後の動き幅も小さくなる傾向がある。
  • 天井圏、底値圏で信頼性アップ。
  • 三山・逆三山の利確ポイントは他のサインで見る必要がある。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です