ローソク足 毛抜き天井・毛抜き底 【FXテクニカル分析】

シェアする

ローソク足 毛抜き天井・毛抜き底 【FXテクニカル分析】

ローソク足には、様々な分析パターンがあります。

「毛抜き」は2本以上のローソク足を組み合わせたテクニカル分析です。

「毛抜き天井」と「毛抜き底」の基本、傾向を知り、
FXのテクニカル分析に活かしましょう。

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

ローソク足「毛抜き天井」「毛抜き底」とは?

毛抜き天井と毛抜き底とは、

2本以上のローソク足の、
高値が揃っている状態のローソク足を「毛抜き天井」

2本以上のローソク足の、
安値が揃っている状態のローソク足を「毛抜き底」といいます。

まずは一度画像を見てみましょう。

ローソク足 毛抜き天井・毛抜き底 【FXテクニカル分析】

形や大きさなどは、基本的に決まりはありません。
高値、安値が揃えば、形や大きさは何でもOKです。

毛抜き天井、毛抜き底の基本

毛抜き天井、毛抜き底の基本は「トレンド転換のサインです。

上昇中の「毛抜き天井」出現で、

中二病
「トレンドが変わるかも」「値動きが鈍くなるかも」
下降中の「毛抜き底」出現で、
厨二病
「トレンドが変わるかも」「値動きが鈍くなるかも」
と予想できます。

並んで高値が揃う、並んで安値が揃うということは、
その市場価格を越えられなかったと予想することができます。

毛抜き天井、毛抜き底の傾向

ローソク足 毛抜き天井・毛抜き底 【FXテクニカル分析】

上の画像をもう一度見てください。
毛抜き天井出現時のローソク足は、
上昇のローソク足より、下降のローソク足の方が大きいですね。

転換方向のローソク足が大きいと「包み足」に似た形になります。
「毛抜き天井+包み足」となり「転換方向のローソク足が大きい方が信頼度UP」です。

大きなローソク足で転換する方が、トレンドにも勢いがつき、大きな利益を狙えます。

また画像の毛抜き底のように、
複数のローソク足で出現した時も信頼度が増します

一番良いのは、上記2つが合わさるパターンです。

複数のローソク足が同じ価格で反発し、転換時に大きなローソク足で転換する、
このパターンが一番大きく動く傾向があります。

また、ローソク足のテクニカル分析ですから、
天井圏での「毛抜き天井」、底値圏での「毛抜き底」で信頼性UPです。

テクニカル分析のサインはどこで出たかが重要です。

まとめ

  • 毛抜き天井とは「2本以上のローソク足の高値が揃ったローソク足パターン」
  • 毛抜き底とは「2本以上のローソク足の安値が揃ったローソク足パターン」
  • 毛抜き天井、毛抜き底共に、トレンド転換のサイン。
  • 転換方向のローソク足が大きい方が信頼性UP。
  • 複数のローソク足で出現した時も信頼性UP。
  • 天井圏の「毛抜き天井」、底値圏の「毛抜き底」で信頼性UP。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です