酒田五法 「三法」 基本と傾向【FXテクニカル分析】

シェアする

酒田五法 「三法」 基本と傾向【FXテクニカル分析】

FXテクニカル分析では、
ローソク足で分析を行う「酒田五法」という分析方法があります。

酒田五法とは、江戸時代に生まれた「本間宗久」が、
米相場を読む手法として用い、実際に多くの富を築いたと言われている手法で、
今も尚、株やFX、先物など、様々な投資のチャート分析方法として使われている手法です。

そんな古くから伝わる、
酒田五法のトレード手法の1つである
「三法」の基本と傾向を知り、FXテクニカル分析に活かしましょう。

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

酒田五法「三法」とは?

米相場で「酒田五法」を使い、
大儲けしたと言われる「本間宗久」が編み出した手法の1つで、
現在では「FXトレード・株式取引」に使用されているテクニカル分析の一つです。

酒田五法とは、ローソク足の「5つのパターン」からテクニカル分析を行う手法で、
「三法」とは、酒田五法のパターンの一つです。

酒田五法とは「ローソク足のパターン(組み合わせ)」でテクニカル分析を行います。
ローソク足の基本と仕組み【FXテクニカル分析】

酒田五法「三法」の基本

三法には「上げ三法」「下げ三法」があります。

まずは 上げ三法 の画像を見てみましょう。

上げ三法

【N】の形が「上げ三法」
【И】の形が「下げ三法」

上げ三法は「陽線の間に陰線が3本以上入り込んでいる形」で、
下げ三法は「陰線の間に陽線が3本以上入り込んでいる形」です。
(基本は3本。個人的に、状況により2本の場合でも、3本以上でも三法と判断します)

その際、
上げ三法の場合は「陽線の安値を抜けないこと」
下げ三法の場合は「陰線の高値を抜けないこと」が条件です。

酒田五法「三法」の傾向

上げ三法が出現したら「上昇」
下げ三法が出現したら「下降」です。

トレンド転換サインとしても使えますが、
基本的に「上昇トレンド中の更なる上昇」「下降トレンド中の更なる下降」のサインで、
押し目買い・戻り売りに似たサインです。

上げ三法の場合、大きな陽線出現後の複数の小さな陰線は、

「更に上昇するために、力を溜めている」
「大きな上昇後、更に上昇するための相場調整」といった感じで、

調整した後の大きな陽線で、一気にまた上昇を始めた。と考えます(下げ三法は逆)

中二病
だから上げ三法の場合、安値を更新しちゃいけないんだな。
厨二病
あれでしょ?長いヒゲで書いてた山(谷)を越えるかって考え方と一緒だよね。

トレード方法は「ライントレードの押し目買い、戻り売り」と一緒で、
上昇後の小さな陰線を「押し目・戻り」と捉えます。

捉え方を「ラインで見るのか?」「ローソク足で見るのか?」といった感じです。

戻り売りの画像を見てみましょう。

戻り売りとは?

ライントレードの戻り売りも、大きく捉えると【И】の形が連発しています。

他の酒田五法にも記載していますが、
トレンドパターン(波)は「対象が大きい」のに対し、
ローソク足のパターンは「対象が小さい」分析手法です。

中二病
押し目買い・戻り売りはデイトレ~スイングトレード向き
厨二病
上げ三法・下げ三法は、スキャルピング向き…だよね?

基本的な 上げ三法(下げ三法)は
大きな陽線出現後「3つの小さな陰線」出現後に上昇すれば完成ですが、
中3つのキレイな三法になることは少ないため、2つでも5つでも考え方は一緒です。

また、ある程度上昇した終盤では、
「もうそろそろ転換するんじゃ?」などの不安感により、
複雑な動きをする事が多いので、トレンド終盤での「三法」は慎重に使いましょう。

中二病
三法が効果的なのは、トレンド序盤から中盤だ!!
厨二病
「これから本格的なトレンドになるかも」って時だね。
その他の「酒田五法」記事 → 三尊三山三兵三川

まとめ

  • 酒田五法とは、ローソク足の「5つのパターン」からテクニカル分析を行う手法。
  • 上げ三法・下げ三法は「更なる上昇・更なる下降」のサイン。
  • 上げ三法出現で「買い」下げ三法出現で「売り」
  • 中3つでなくても、三法と判断する場合もある。
  • トレンド終盤での三法は気を付ける。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です