押し目買い・戻り売り とは?基本と傾向【FXテクニカル分析】

シェアする

ライントレード・フィボナッチ

FXライントレードの基本である「押し目買い」「戻り売り」

有名なテクニカル分析で、信頼性もあるトレード手法です。

FXライントレードの基本と傾向
「押し目買い」と「戻り売り」を知り、テクニカル分析に活かしましょう。

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

押し目買いとは?

「押し目買い」「戻り売り」は両方とも「順張り」のトレード手法です。

まずは「押し目買い」の画像を見てみましょう。

押し目買いとは?

「押し目買い」とは、上昇トレンド中に、
市場価格がトレンドラインに戻ってきたとき、買いエントリーするトレード手法です。

最初の「矢印」でトレンドラインを引いたと仮定したら、
押し目買いのチャンスは2つ目の矢印と、3つ目の矢印ですね。

このように、上昇トレンドのトレンドラインに戻ってきた時に
買いエントリーするのが「押し目買い」です。

戻り売りとは?

「戻り売り」とは「押し目買い」の逆で、下降トレンド中のトレード手法です。

戻り売りとは?

「戻り売り」とは、下降トレンド中に、
市場価格がトレンドラインに戻ってきた時に、売りエントリーするトレード手法です。

最初の矢印にトレンドラインを引いて、
その後そのトレンドラインで反発を繰り返しています。

中二病
2つ目の矢印からが「戻り売り」のチャンス

このように、下降トレンドのトレンドラインに戻ってきた時に
売りエントリーするのが「戻り売り」です。

押し目買い・戻り売りの基本と傾向

押し目買い、戻り売りは、基本的なライントレード手法です。
ライントレードの基本は「反発」と「ブレイク」を狙います。

また「押し目買い・戻り売り」は「ピラミッティング」が効果的です。
ブレイクするまで、反発した時にポジションを増やして行けば、
トレンドが続けば続くほど、多くの利益を得ることが可能です。

押し目買い、戻り売りの利確は「ラインブレイク」です。
ラインブレイクをした場合「ドテン」をしてブレイクも狙いましょう。

押し目買い、戻り売りも狙い、ラインブレイクも逃さないようにしましょう。

もう一つの利確サインは、
上昇トレンドであれば「バンドを突き抜けるような急上昇
下降トレンドであれば「バンドを突き抜けるような急下降」です。

グランヒルの法則や、ボリンジャーバンドの傾向を考えると
急な上昇、下降は、トレンドが終わってしまう可能性も大きくなり、
それ以上の高値(安値)を更新するとなると、更に大きな力が必要になるので、
急な動きをした場合は「一度利確しておく」ことをオススメします。

押し目買い・戻り売りの注意点

注意点は「ローソク足確定前のエントリー」です。

「反発するだろう」「抜けるだろう」でエントリーをしていると、
もし逆に動いた場合には大きな損失を抱えてしまいます。

ライントレードの基本は「アタマとシッポはくれてやれ」ですね。

移動平均線の「押し目買い」と「戻り売り」

トレンドラインでのトレードが基本ですが、
移動平均線でも「押し目買い・戻り売り」が可能です。

「押し目買い」と「戻り売り」

中二病
「グランヒルの法則」と一緒だ。

一つ目の矢印で120SMAで反発。その後また120SMAで反発。
次に75SMAで反発。更に75SMAで反発。

このように、移動平均線でも「押し目買い」「戻り売り」が使えます。

利確の考え方もグランヒルの法則と同様です。

移動平均線を抜けたら利確
もしくは先程同様、急な動きの時は「利確しておく」ことをオススメします。

まとめ

  • 押し目買い・戻り売り、両方とも「順張り」のトレード手法。
  • トレンドラインに戻ってきた時に買いエントリーするのが「押し目買い」
  • トレンドラインに戻ってきた時に売りエントリーするのが「戻り売り」
  • ライントレードの基本は「反発」と「ブレイク」を狙う。
  • 押し目買い・戻り売りは「ピラミッティング」が効果的。
  • 押し目買い、戻り売りの利確は「ラインブレイク」
  • もう一つの利確サインは、急上昇・急下降。
  • 移動平均線でも、押し目買い・戻り売りが使える。
  • アタマとシッポはくれてやれ。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です