一目均衡表とは?基本解説【FXテクニカル分析】

シェアする

一目均衡表 とは?基本解説【FXテクニカル分析】

FXのテクニカル分析で使うインディケーターの中で、
どう使うか一番わかりにくいのが「一目均衡表」だと思います。

ですが、基本と傾向を覚えると
一目均衡表だけで様々な分析が可能になります

様々な分析方法や使い方があるので、
使う人にとっては「一目均衡表だけでいい」なんて人もいると思います。

色んなサインを読み取れる「一目均衡表」は
色んなラインがあるので、まずは基本的なことから覚えましょう。

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

一目均衡表の基本「表示される5本の線」

まずは「一目均衡表」とはどんなものなのか、画像を見てみましょう。

一目均衡表とは?基本解説【FXテクニカル分析】

上の画像は、見やすさ重視で、
ローソク足チャートの色はデフォルト、一目均衡表の線の太さと色を変えています。

チャートは4時間足で、
ローソク足に一目均衡表だけを表示したチャートです。

中二病
一目均衡表だけでも随分とゴチャゴチャしている…

「転換線」と「基準線」

転換線】の計算方法=(当日を含む過去9日間の高値+安値)÷2
基準線】の計算方法=(当日を含む過去26日間の高値+安値)÷2

という計算方法で表示されています。

「転換線」はローソク足に最も近い線です。「赤の線」が転換線です。
「基準線」は「青の線」です。見た感じでは「移動平均線」に似てますね。

移動平均線よりも、ちょっとカクカクした線ですね。

また、この2本の線は「ローソク足と同じ時間軸」に表示されます。
(他の線は、ローソク足の前だったり、後ろにあったりします)

「先行スパン1」と「先行スパン2」

先行スパン1】の計算方法=(転換線+基準線)÷2
先行スパン2】の計算方法=(過去52日間の高値+安値)÷2

という計算方法で表示されています。

一目均衡表とは?基本解説【FXテクニカル分析】

「先行スパン」の確認は画像内に表示していますので画像を見てください。

「先行スパン1」と「先行スパン2」で「」のような
点線で囲ってある線を描いています。

どっちが「先行スパン1」で、
どっちが「先行スパン2」なのかが重要ではなく、

2つの線で描いてる「雲」が重要になってきますので、
先行スパン=【 雲 】と覚えておけばOKです。

厨二病
雲クモ雲クモ…

「遅行スパン」

遅行スパン】の計算では無く、
当日の終値を含む「26日前の位置に表示される線」です。

一目均衡表とは?基本解説【FXテクニカル分析】

上の画像では、黄色で表示しています。(デフォルトでは緑で表示されます)

遅行スパンの動きは、
ローソク足と一緒の動きを、ちょっと遅らせて(ずらして)表示していますね。

また「一目均衡表」では【遅行スパンが最も重要】とも言われています。

一目均衡表の基本は以上です。この5本を使ってFXテクニカル分析を行います。

5本のラインには、様々な分析方法やトレード手法がありますが、
一つのページにまとめると長くなるので別ページに記載しています。

一目均衡表の使い方と応用はコチラから↓
一目均衡表の傾向、トレード手法【FXテクニカル分析】

まとめ

  • 転換線、基準線はローソク足と同じ時間軸に表示されている線。
  • 先行スパンは、ローソク足の先に表示されている線。
  • 先行スパンと、先行スパン=「 雲 」
  • 遅行スパンは、ローソク足の後ろに表示されている線。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です