一目均衡表の傾向、トレード手法【FXテクニカル分析】

シェアする

一目均衡表の傾向、トレード手法【FXテクニカル分析】

一目均衡表の基本を覚えたら、傾向とトレード手法、使い方を覚えましょう。

一目均衡表には、様々なトレード手法があります。

少々わかりにくいかもしれませんが、
一つ一つゆっくりと確認しながら覚え、FXテクニカル分析に活かしましょう。

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

一目均衡表「各線」の傾向とトレード手法

一目均衡表とは?基本解説【FXテクニカル分析】で紹介した
「転換線」「基準線」「先行スパン1」「先行スパン2」「遅行スパン」
5本の線を使った傾向とトレード方法を紹介します。

「転換線」と「基準線」による分析

まずは転換線と基準線の使い方。

転換線と基準線は「水色」の数字を見てください。

一目均衡表の傾向、トレード手法【FXテクニカル分析】

転換線と基準線は、移動平均線のような役割です。

転換線が、基準線を、下から上に突き抜けたら買い(ゴールデンクロス)
転換線が、基準線を、上から下に突き抜けたら売り(デッドクロス)

また、突き抜けた後に
2つの線が、同じ方向に向かないと、強いトレンドとは言えません。
強いトレンドなのか?を見る材料に使用できます。

突き抜けた後に、基準線が水平だったり、逆向きの時もあります。

はデッドクロス完成後、大きく下降しています。
クロスの完成後、2本の線は両方下向きなので、
強い下降トレンドと判断することができます。

はゴールデンクロス完成後、大きく上昇。
これまた両線が上向きで、強い上昇トレンド判断できます。

はデッドクロスです。
完成後すぐは、転換線だけが下向きで、動きが定まってませんが、
両方下向きになり多少下降が大きくなりました。

両方の線が下向きになってから売りエントリーしても、
この間約2円以上の値動きがあるので、利益的には大きなものになります。

はゴールデンクロス。両方とも上向きで、大きな上昇。
もゴールデンクロス。④と⑤の間にデッドクロス。
はデッドクロスですね。

どのクロスも大きな値動きです。
「転換線」と「基準線」だけでも、トレード可能です。

また、考え方は移動平均線なので、
グランヒルの法則のような、反発をすることも、もちろんあります。

⑤~⑥にかけて、基準線で何度か反発しています。
から下降している所でも、基準線で反発しているところがありますね。

このように、転換線と基準線は、移動平均線の役割と考えてOKです。

先行スパン2本による【 雲 】

雲の説明では「黄色」の数字を見てください。

一目均衡表の傾向、トレード手法【FXテクニカル分析】

雲は「サポートライン」「レジスタンスライン」の役割といった感じです。

トレンドライン、レジスタンスラインについてはコチラ↓↓
トレンド・レジスタンス・サポートラインの基本と傾向【FXテクニカル分析】

では、市場価格が雲を下抜け、大きく下降しています。
サポートラインやレジスタンスラインと同じように、抜けた方向に動く傾向があります。

の左と右で「雲」で反発していますね。
も同じく、サポートラインのように反発しています。

④⑤⑥⑦⑨共に、抜けた方向に大きく動いています。

を抜けてからの売りエントリーでも、約2円の動きがあります。

このように、雲はサポートライン、トレンドラインと同じような役割です。

雲のねじれ

更に「雲」にはもう一つ特徴があります。

それは「雲のねじれ」です。

の右下、の右下、の下
の右上など、雲がねじれて、雲の色が変わっています。

雲のねじれが生じた時は「相場に何らかの変化が現れる傾向がある」と言われています。

「トレンドが転換するかも」というサイン、
もしくは、大きな急上昇(または急下降)があるかも…と思って良いと思います。

雲は先行スパンなので、
現在の市場価格よりも、先で表示されます。

一目均衡表の傾向、トレード手法【FXテクニカル分析】

上の画像のように、市場価格よりも先に表示されるため、
「ねじれているから何かが起こるかも?」という事を頭に入れておくだけでも、
危険察知や、大きな利益を狙うこともできます。

「雲がねじれた場合は要注意」です。

中二病
雲のねじれは要注意…

遅行スパンによる分析

遅行スパンは「ローソク足を移動平均線と考える」とわかりやすいと思います。

遅行スパンが、市場価格(ローソク足)を上抜けたら「買い」
遅行スパンが、市場価格(ローソク足)を下抜けたら「売り」です。

また、ローソク足が「雲」を抜けた時の考え方と同様に、
「遅行スパンが雲を抜けた」時も、同じ考え方でトレードします。

遅行スパンは下の画像のように、遅れて表示されます。

一目均衡表の傾向、トレード手法【FXテクニカル分析】

遅行スパンでは「赤」を見てください。

一目均衡表の傾向、トレード手法【FXテクニカル分析】

ローソク足を上抜けて、その後上昇しています。

その時の実際の市場価格は、のゴールデンクロス完成後、雲を突き抜ける手前辺りです。
その後市場価格は雲を突き抜け大きく上昇しています。

の左は、ローソク足を下抜け、その後下降しています。
その時の市場価格は④上の雲を突き抜ける前ですね。

の右では、遅行スパンが雲とローソク足を上抜けて大きく上昇しています。

はローソク足を下抜け。
実際の市場価格はの右上辺りの雲の上部に入り込んだ辺りです。
下抜け後、大きく下降しています。

は上抜け。その後、長めの上昇トレンドが続いています。

ではローソク足を下抜け。その後下降。
更にその後、遅行スパンが雲を抜き、更に下降が強まり、大きく下降しています。

このように、ローソク足を上抜けで買い、下抜けで売りです。
ローソク足を移動平均線として考える感じです。

そして、雲を上抜けで買い、下抜けで売りです。

一目均衡表の複数サイン

このように、表示するだけで、
色んなサインでトレードすることができる「一目均衡表」です。

実際にトレードに活かすためには、どんなことに気をつけるべきか?
それはやはり、どの分析にも記載している「サインの重複」と「出現場所」です。

は、デッドクロス完成と、雲を下抜けと、遅行スパンの下抜けで「トリプルサイン」です。

辺りは、デッドクロス、雲を下抜け、遅行スパン抜け、遅行スパンの雲下抜け。
更に、どこで出るかという観点では「高値圏のサイン」も加わります。

エリオット波動理論」で言うところの
上昇第5波とも見れますので、完璧なサインと言って良いですね。

エリオット波動理論、参考記事「作成中」

一目均衡表は、複数のサインが同時に出ることが多々あるので、
ひとつのサインだけでのトレードではなく、複数のサインと重複した時を狙いましょう。

他のテクニカル分析も加えて、信頼度が増した場合は、
思い切って、大きなポジションで攻めるのもアリだと思います。

厨二病
時には思い切ることも大切だ!!

まとめ

  • 転換線、基準線は「移動平均線」として見る。
  • グールデンクロス、デッドクロス、平均線での反発、上抜け、下抜けなど。
  • 転換線、基準線が同じ方向を向いていると、強いトレンドと判断できる。
  • 先行スパンは「雲」
  • 雲は「トレンド、レジスタンス、サポートライン」として見る。
  • 雲で反発、上抜け、下抜けなど。
  • 雲の「ねじれ」は要注意。
  • 遅行スパンは「ローソク足を移動平均線」として見る。
  • 遅行スパンが、ローソク足を抜いたら、抜いた方に動く傾向がある。
  • 遅行スパンが、雲を抜いたら、抜いた方に動く傾向がある。
  • 一目均衡表では、サインの重複が多々あるため、重複した時の方が信頼性UP。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です