MACD とは?基本と傾向・トレード手法【FXテクニカル分析】

シェアする

MACD とは?基本と傾向・トレード手法【FXテクニカル分析】

FXには様々なインジケーターがあります。

FXテクニカル分析でよく使われる、オシレーター系指標の
MACD(Moving Average Convergence/Divergence)

MACDの基本と傾向、
FXトレード手法を知り、FXテクニカル分析に活かしましょう。

また、ストキャスティクスとの違いも掲載しています。

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

MACDとは?

MACD(Moving Average Convergence/Divergence)とは、
基本的に「オシレーター系指標」として使用されます。

ですが、名前に「移動平均線(Moving Average)」が入ってますね。

移動平均線を用いて計算しているので
トレンド系要素も含んでいるオシレーター系指標です。

インジケーター表示方法、移動平均線の参考記事↓

MACDの計算方法

MACDでは、移動平均線の「SMA」ではなく「EMA」を使って計算しています。

当日の指数平滑平均=前日の指数平滑平均+a×(当日終値-前日の指数平滑平均)
a:平滑化定数 a=2÷(x+1) xはSMAの平均期間…

中二病
とまぁ…私も全く理解不能な計算方法です。
厨二病
というか計算方法は必要ないですよね(´・ω・`)

MACDの基本的な使い方

一般的には「オシレーター系」は逆張り指標ですが、
MACDは「移動平均線」という性質を持っているため、順張り指標も含まれています。

まずは「MACD」がどんなものか、画像で確認してみましょう。

MACDの基本的な使い方

【MT4】メタトレーダーのデフォルトの期間は「12,26,9」となっています。
そのままの数値で使用してOKです。

使い方は「ストキャスティクス」と変わりません。

クロスで転換サイン =「ゴールデンクロスで買い」「デッドクロスで売り」です。

ポイントは「半円が大きい時のクロスほど効果的」という所です。

実際の市場価格と見比べてみましょう。

MACDの基本的な使い方

「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」が出現している所に点線を引いています。

デッドクロス後に下降。ゴールデンクロス後は上昇していますね。

MT4では、片方が「線」ではなく「バー」で表示されます。
線と線ではないため、多少見慣れないかもしれませんが、バーを線と見立てて考えましょう。

「MACD」と「ストキャスティクス」の違い

実際、ストキャスティクスと何が違うのか?

ストキャスティクスは「完全なオシレーター系指標」
MACDは「トレンド系も混ざったオシレーター系指標」です。

中二病
ハーフというよりは「クォーター」的な感じだな!

「ストキャスティクス」では、オシレーター系指標は、
トレンド中、逆方向に「凄く弱く」トレンド方向には「凄く強い」
と記載してます。

MACDにもその傾向があるか見てみましょう。

MACDの基本的な使い方

上昇トレンドに突入する際の「ゴールデンクロス」は完璧。

上昇トレンドに突入後、MACDの「デッドクロス」は、ほぼ役に立っていません。

厨二病
ほぼ全滅…

「ストキャスティクス」は上下を繰り返していましたが、
「MACD」はずっと上段で待機している感じです。

移動平均線の要素が加わっているので、
ストキャスティクスより「MACD」の方が、動きが遅い傾向があります。

押し目買いに使おうと思っても、動きが遅いうえに、
上昇トレンド中は、下段で半円ができにくく、ハッキリとしたサインが現れにくいのです。

そのため、ストキャスティクスと違い、
「押し目買い」や「戻り売り」には使用しにくいインジケーターと言えます。

「ストキャスティクス」と見比べてみましょう。

MACDの基本的な使い方

が「ストキャスティクス」
が「MACD」でサインが出たところです。

ストキャスティクスは「転換前」にサインが出ているのに対し、
MACDは「転換直後」にサインが出ています。

これは、トレンド系要素が入っているからです。

このような「レンジ相場」では、両方とも力を発揮しています。

MACDのトレード手法

結果的に、どんな場面で活用するべきなのか?

中二病
それはもちろん「レンジ相場」だ!

ですが「ストキャスティクス」と「MACD」の違いは、

大きな値動きには「MACD」が有効で、
小さな値動きには「ストキャスティクス」が有効です。

結局「トレードスタイルにより使い分ける」ということです。

デイトレーダーやスイングトレーダーの方は「MACD」
スキャルピングには「ストキャスティクス」

中二病
スキャルピング中心だから、ストキャスティクスだな。
厨二病
私はスイングトレードが殆どだから、MACDですね!

大きなトレンドを捉えるには「MACD」
小さな利益を積み重ねるには「ストキャスティクス」です。

自分のトレードスタイルに合わせて、インジケーターも使い分けましょう。

まとめ

  • MACDは、基本的に「オシレーター系指標」として使用される。
  • トレンド系要素も含んでいるオシレーター系指標。
  • トレンド中より、レンジ相場で有効なインジケーター。
  • ゴールデンクロスで買い、デッドクロスで売り。
  • 半円が大きい時のクロスほど効果的。
  • ストキャスティクスより「MACD」の方が、動きが遅い。
  • 「押し目買い」や「戻り売り」には使用しにくいインジケーター。
  • 大きな値動きの時には、ストキャスティクスより「MACD」の方が効果的。
  • トレードスタイルにより使い分ける。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です