MT4 ボリンジャーバンドMTF(マルチタイムフレーム)アラーム付き

シェアする

MT4 ボリンジャーバンドMTF(マルチタイムフレーム)アラーム付き

MT4(メタトレーダー)では、様々なインジケーターが公開されていて、
ボリンジャーバンド(Bollinger bands)にも色々な種類、分析方法があります。

ボリンジャーバンドでテクニカル分析を行う方は、
MTF(マルチタームフレーム)が利用でき、アラーム機能もある
「Bollinger bands_mtf+alerts+arrows」も利用してみましょう。

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドは、FX・株式投資でも有名で、
チャートに表示し、様々なテクニカル分析が行えるインジケーターです。

このブログでも、基本的なボリンジャーバンド、
ボリンジャーバンドでのトレード方法などを記載しています。

通常のボリンジャーバンドとの違い

通常のボリンジャーバンドも優れたインジケーターですが、
Bollinger bands_mtf+alerts+arrows は、
MTF(マルチタイムフレーム )+ アラーム + 矢印の3つの機能が追加されています。

MTF(マルチタイムフレーム)とは?

MTF(マルチタイムフレーム)とは、
「一つのチャートに2つ以上の時間軸の分析情報を表示すること」です。

1時間足チャートに、30分足用のボリンジャーバンドを表示するなど、
複数の時間軸のボリンジャーバンドを表示することが可能です。

通常のボリンジャーバンドと、
Bollinger bands_mtf+alerts+arrows の違いを見てみましょう。

通常のボリンジャーバンド↓

ボリンジャーバンドと、 Bollinger bands_mtf+alerts+arrows の違い

Bollinger bands_mtf+alerts+arrows↓

ボリンジャーバンドと、 Bollinger bands_mtf+alerts+arrows の違い

両方とも15分足チャートにボリンジャーバンドを表示していますが、
Bollinger bands_mtf+alerts+arrows は、1時間足用のボリンジャーバンドを表示。

通常のバンドと違い、幅も大きく、矢印も追加されています。

Bollinger bands_mtf+alerts+arrows の表示方法

Bollinger bands_mtf+alerts+arrows は、ファイルをダウンロードし、
MT4(メタトレーダー)にアップロードする必要があります。

ダウンロードはコチラから → Bollinger bands_mtf+alerts+arrows nmc.mq4

MT4を起動し「ファイル → データフォルダを開く → MQL4 → Indicators」の
フォルダ内に、先程ダウンロードした Bollinger bands_mtf+alerts+arrows を
ドラッグ&ドロップでOK。

アップロード後は、MT4(メタトレーダー)の再起動を行ってください。

設定は特に変更する必要はありませんが、
マルチタイムフレームを利用する場合は「TimeFrame」に、任意の数値を入力します。

【TimeFrame】は ○○分 で入力します。
1、5、15、30、60、240、1440、10080(1分から1週間)

上の画像は、1時間足用のマルチタイムフレームなので、数値は「60」で設定ています。
3σ(シグマ)に変更したい場合は「Bands Deviation」の数値を「3.0」にすればOK。

Bollinger bands_mtf のトレード方法

トレード方法、使い方・考え方は、通常のボリンジャーバンドと変わりません。
矢印と、アラームが追加されている分、反発のポイントなどが分かりやすくなっています。

通常のボリンジャーバンドと合わせたり、他のMTFと合わせてみたり、
様々なテクニカル分析が行えるので、色々と検証してみましょう。

トレード方法の詳しい解説はコチラ↓をご覧下さい。
ボリンジャーバンド 傾向とトレード手法【FXテクニカル分析】
中二病
ボリンジャーバンドは使い方次第だな。
厨二病
様々な分析が可能だから、インジケーターの中でもトップクラスじゃないかな?
FX最強武神(自称)
順張りにも、逆張りにも使えるからな。

まとめ

  • Bollinger bands_mtf+alerts+arrows は、
    MTF(マルチタイムフレーム )+ アラーム + 矢印の3つの機能が追加されている。
  • MTF とは「一つのチャートに2つ以上の時間軸の分析情報を表示すること」
  • 様々なテクニカル分析が行えるので、色々と検証してみる。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です