メタトレーダー【MT4】で「マルチタイムフレーム」SMAを表示する【FXテクニカル分析】

シェアする

【MT4】で「マルチタイムフレーム」SMAを表示

FXトレードで使うチャートは、人により様々ですが、
私がオススメするチャートはもちろん メタトレーダー【MT4】です。

インジケーターの中には「通常」のインジケーターと「マルチタイムフレーム」(MTF)
という少し違うバージョンのインジケーターが存在します。

メタトレーダーでは「マルチタイムフレーム」を使ってテクニカル分析が行えます。

マルチタイムフレーム SMA・EMAを利用し、テクニカル分析に活かしましょう。

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

マルチタイムフレーム(MTF)とは?

マルチタイムフレーム(MTF)とは、
「一つのチャートに2つ以上の時間軸の分析情報を表示すること」です。

マルチタイムフレームは、
30分足チャートに、1時間チャートの20SMAや、
1時間足チャートに、4時間チャートの20SMAなど、様々な使い方で分析を行えます。

SMA、EMAの違い、移動平均線の基本はコチラ↓
移動平均線(SMA・EMA)基本【FXテクニカル分析】

マルチタイムフレームの表示の方法

マルチタイムフレームの移動平均線を使うためには、

メタトレーダーの「ライブラリ」から「MTF_MovingAverage」を探し、
チャートにドラッグ&ドロップしましょう。

まずは、左の「ナビゲーター」から、赤枠の所をダブルクリックしてください。

マルチタイムフレームの表示の方法

そうすると、下の「ライブラリ」に色んなインディケーターが表示されます。

その中から「MTF_MovingAverage」を探しましょう。
左上の赤枠をクリックし、名前順に並び替えましょう。

マルチタイムフレームの表示の方法

探し出したら、そのままチャートにドラッグ&ドロップしてください。

そうすると、左の「ナビゲーター」の「Downloads」に
「MTF_MovingAverage」が追加されます。

マルチタイムフレームの表示の方法

次から表示する際は、コチラをチャートにドラッグ&ドロップで表示できます。

「MTF_MovingAverage」数値の設定

パラメーターの入力で使用するのは以下の「3つ」です。

「TimeFrame」…表示したい平均線の【時間軸】
「MAPeriod」…表示したい平均線の【数値(期間)】
「ma_method」…表示したい平均線の【種類】

例えば、1時間足チャートに、4時間足の20SMAを表示したい場合は、

TimeFrame…「240」
MAPeriod…「20」
ma_method…「0」

「MTF_MovingAverage」数値の設定

1時間足チャートに、日足の20EMAを表示したい場合は、

TimeFrame…「1440」
MAPeriod…「20」
ma_method…「1」となります。

「MTF_MovingAverage」数値の設定

【TimeFrame】は ○○分 で入力します。

1、5、15、30、60、240、1440、10080(1分から1週間)

5分足チャートに、15分足チャートの移動平均線を表示したいのであれば、
5分足チャートにドラッグ&ドロップし、TimeFrameを15に設定します。

【MAPeriod】
「20」で、数値20の平均線
「75」で、数値75の平均線など

【ma_method】
「0」=SMA
「1」=EMAです。

また、このままの設定だと、
すべての時間軸でマルチタイムフレームの移動平均線が表示されてしまいます。

1時間足にだけ、4時間足の20SMAを表示したい場合や、
5分足にだけ、15分足の75SMAを表示したい場合は、
【表示選択】から、表示を制限しましょう。

「MTF_MovingAverage」数値の設定

上の画像のように「表示選択」で表示したい時間軸にチェックすることで、
その時間軸だけに表示されるようになります。

実際に表示させた画像がコチラ↓↓です。

メタトレーダー【MT4】で「マルチタイムフレーム」SMAを表示する【FXテクニカル分析】

このチャートは、1時間足チャートに

MTFではない、普通の20SMA
4時間足の【MTF】20SMAと、
日足の【MTF】20SMAを表示させています。

下の画像は【表示選択】をしていない4時間足チャートです。

メタトレーダー【MT4】で「マルチタイムフレーム」SMAを表示する【FXテクニカル分析】

表示選択をしていない場合、
普通の20SMAに、4時間足の【MTF】20SMAが被っています。
役割は変わりませんが、色が変わってしまい、
勘違いなどをしてしまう可能性もあるので、
1つ1つ【表示選択】の設定をした方が良いと思います。

マルチタイムフレームを使い
FXトレードの精度を上げる

マルチタイムフレームを使うことにより、
様々な視点から分析することが可能になります。

マルチタイムフレームは、
移動平均線だけでなく、他のインディケーターでも使えます。

MTFのボリンジャーバンドや、MTFのMACDなど、
様々なインディケーターがあるので、
ライブラリから探して、色々試してみるのも良いかもしれません。

マルチタイムフレームを活用し、常勝トレーダーを目指しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です