移動平均線(SMA・EMA)基本【FXテクニカル分析】

シェアする

移動平均線(SMA・EMA)基本

FXのテクニカル分析で有名な「移動平均線」

移動平均線を表示するだけで様々な分析が可能です。
移動平均線の基本を覚え、FXテクニカル分析に活かしましょう。

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

移動平均線の基本

FXでよく使われるテクニカル分析の一つ「移動平均線」

移動平均線とは、過去の一定期間における値動きの、
終値の平均値をグラフ化した線です。

一定期間とは表示する際に自ら数値を設定しますが、
一番使われているのは20日平均線だと思うので、
このページでは、20日の平均線で解説していきます。

20という期間を設定すると、
「20本分のローソク足の終値の平均」が線となってチャートに表示されます。

5分足チャートで見ると100分の平均線になり、
日足チャートで見ると、20日の平均線になります。

MT4でインジケーターの表示方法がわからない方はコチラを参考に↓
【MT4】メタトレーダーのインストール、使い方&カスタム

一般的に使われている移動平均線は2種類ある

移動平均線にも種類があり、種類によって多少動きが異なります。

一般的に使われている移動平均線は、

単純移動平均線(SMA)と
指数移動平均線(EMA)です。

【SMA】は単純な平均線を表示します。
昨日の平均値も、20日前の平均値も、同等の価値がある
という考えのもとに作られたインジケーターなので、

中二病
SMAは「移動平均線の基本」
とも言える平均線です。

【EMA】は10日前より1日前、20日前より2日前が重要である
という考えのもとに作られたインジケーターなので、
古いデータよりも、最近のデータが重要と判断して平均線を表示するので、
SMAより「直近の値動きに左右されやすい移動平均線」です。

SMAとEMAはどう違うのか?

まずは、実際に20SMAと20EMAを表示したチャートを見てみましょう。

SMAとEMAはどう違うのか?

SMAとEMAでも多少線にズレがありますね。

中二病
どちらがSMAで、どちらがEMAだと思いますか?

ピンクがSMAでがEMAです。

画像左のローソク足が急下降している場面では、
ピンクのSMAはローソク足より離れた位置にありますが、
青のEMAはローソク足に寄って、SMAより近い位置に表示されています。

全体的に見た場合でも、
どちらかと言うとピンクよりも青の方がローソク足に近いですね。

このように、SMAは単純な平均線EMAは直近の値動きに敏感な平均線となっています。

移動平均線のSMAとEMA、傾向と使い方

SMAやEMAでは色々な傾向があり、使い方、分析方法は数多くあります。

そのため、1ページで紹介すると膨大な文章量になってしまうため、
複数のページに分けて紹介しています。

このページでは基本的なことだけですが、傾向や使い方は下のリンクからご覧下さい。

まとめ

  • 移動平均線とは、過去の一定期間における値動きの、終値の平均値をグラフ化した線。
  • 一番使われているのは20日平均線。
  • 単純移動平均線(SMA)と指数移動平均線(EMA)がある。
  • 【SMA】は単純な平均線。
  • 【EMA】は直近の値動きに左右されやすい移動平均線。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です