ラインブレイクの基本と傾向【FXテクニカル分析】

ライントレード

ラインの基本である、
トレンドライン、レジスタンスライン、サポートラインの基本を学んだら、
「ラインブレイク」の基本と傾向を学びましょう。

ラインブレイクでは大きな利益を狙えるため、様々な場面で役立ちます。
ラインブレイクの傾向をしっかりと覚えておきましょう。

※わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

ラインブレイク(トレンド)の基本と傾向

まずは画像を見てみましょう。

bandicam 2015-07-15 15-05-15-100

上昇トレンドのトレンドラインを下抜けして、一気に下降トレンドへ転換しています。
トレンドラインを抜けた(ブレイク)後は、大きく値が動いていますね。

このように、トレンドラインをブレイクしたら、
抜けた方に大きく動く傾向があります。

各ラインの基本はコチラ↓

トレンド・レジスタンス・サポートラインの基本と傾向【FXテクニカル分析】
ライントレードとは、FXチャートにラインを引き、そのラインを使って分析する手法です。FXのライントレードの基本と傾向を覚え、テクニカル分析に活かしましょう。トレンドラインとは?…サポートライン・レジスタンスラインとは?…トレンドライン、サポートライン、レジスタンスラインは、同じ所で反発しているほど信頼性…

ラインブレイク(トレンド)のトレード手法

ライントレードの基本は、ラインでの反発と、ラインブレイクを狙います。

上昇トレンドを形成している場合、
トレンドラインで反発した場合は「買いエントリー」で利益を狙い、
トレンドラインを抜けた場合は「売りエントリー」で利益を狙います。

ですが、トレンドラインを少し抜けた後、すぐトレンドに戻る場合があります。
抜けたからと言って、必ず大きく値が動く訳ではありません。

 

大きく値が動く時は、トレンドラインを「勢いよく抜ける」傾向があります。

少し抜けて、ダラダラと横ばいを続けている場合は、
トレンドからレンジに移行した可能性が高いです。

その場合、またすぐに上昇トレンドになる場合があるので、
長くポジションを保有することは危険です。

「トレンドラインを勢いよく抜けたか?」よく観察しながらエントリーしましょう。

ラインブレイク(レンジ)の基本

では次に、レンジのラインブレイクを見てみましょう。

ライントレードの基本と応用

このように、①と②で反発したサポートラインを勢いよく抜け、
レンジから下降トレンドへ転換しています。

FX相場の基本は
「トレンドからトレンド」「トレンドからレンジ」「レンジからトレンド」へと転換します。

このように、レンジからサポートラインを抜けた場合は「下降トレンド」
レンジからレジスタンスラインを抜けた場合は「上昇トレンド」へ転換する傾向があります。

ラインブレイク(レンジ)のトレード手法

ライントレードの基本は、ラインでの反発と、ラインブレイクを狙います。

レンジの場面では、
サポートラインで反発したら「買いエントリー」
レジスタンスラインで反発したら「売りエントリー」です。

ラインをブレイクしたら、ブレイクした方向に大きく動く傾向があるので、
サポートラインをブレイクしたら「売りエントリー」
レジスタンスラインをブレイクしたら「買いエントリー」が基本です。

ライントレードの基本と応用

基本的には、トレンドラインのブレイクと殆ど変わりませんが、一つだけ違うことがあります。

それは「サポートラインがレジスタンスライン」に
「レジスタンスラインがサポートライン」に変わる場合があることです。

上画像の⑥でブレイクし、勢いよく下降した後、緩やかに上昇しています。
そして、⑦で大きく下降しています。

⑥のブレイク前までは「サポートライン」の役目だったのに、
抜けた後は「レジスタンスライン」に変わっています。

このように、レンジのブレイク後は、
抜けたラインで反発することが多々あるため、
ブレイク後に値が戻った場合もエントリーのチャンスです。

中二病
中二病

ブレイク後のラインで反発することが多々ある!

と分かっているだけでも、今後の利益は大きく変わってくるでしょう。

ライントレードの注意点

ライントレードで一番注意すべき点は、
しっかりと反発したか、確実にブレイクしたか?を確認してからエントリーすることです。

中二病
中二病

「反発するだろう」「抜けるだろう」では危険。

サポートラインで「反発するだろう」と思い、買いエントリーをした場合、
もしラインをブレイクしたら、勢いよく下降して大きな損失になってしまいます。

しっかりと確認しておけば「ブレイク」で大きな利益が狙えたのに、
確認を怠ったために、逆に「ブレイク」で損をしてしまうのです。

FXや株などの投資では「アタマとシッポはくれてやれ」という言葉があります。

mojimaru1453477249

アタマとシッポを捨てた場合は「だろう」でエントリーして上手くいった場合より、
多少利益が少なくなりますが、しっかりと反発、ブレイクを確認して
エントリーすることで、リスクを抑えることができます。

より確実に利益を得るために、アタマとシッポはくれてやりましょう。

中二病
中二病

アタマとシッポは?

厨二病
厨二病

くれてやれえええい!

まとめ

  • ラインをブレイクした時は、ブレイクした方向に大きく動く傾向がある。
  • 勢いよくラインを抜けたか?注意しながらエントリーする。
  • 勢いよく抜けず、ダラダラ抜けた場合はレンジに転換した可能性が高い。
  • サポートライン、レジスタンスラインは、ブレイク後に役割が変わる場合がある。
  • ライントレードでは「反発」「ブレイク」をしっかり確認してからエントリーする。
  • アタマとシッポはくれてやれ。

コメント