ライントレード「収束三角形」とは?基本と傾向【FXテクニカル分析】

シェアする

ライントレード「収束三角形」とは?基本と傾向【FXテクニカル分析】

ライントレードで私が一番好きなパターンが「収束三角形」です。

FXを始めて、負けた後に勉強し、
勉強後、最初に使ったテクニカル分析(ライントレード)だったような記憶が…。

私としては「ボーナスステージ」だと思っています。

FXの基本ライン、ラインブレイクの傾向を覚えたら、
「収束三角形」を覚え、テクニカル分析に活かしましょう。

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

収束三角形とは?

収束三角形とは、「トレンドライン」と「トレンドライン」
もしくは「トレンドライン」と「サポートラインorレジスタンスライン」内で、
値動きが収束している時の「ライントレード手法」です。

簡単に言うと「ラインブレイク」ですね。

収束三角形の基本と傾向

まずは画像を見てみましょう。

この画像は「トレンドライン+トレンドライン」の収束三角形です。

収束三角形

トレンドラインの間で値動きが収束し、
やがて、どちらかのラインをブレイクし大きく動く。

ラインブレイクと同じですが、
ボリンジャーバンドの「バンド収束」にも似ていますね。

上の画像①と②のラインはトレンドラインですが、
③や④のような平行線とトレンドラインでも「収束三角形」です。

下の画像は「レジスタンスライン+トレンドライン」です。
このような「レジスタンスライン+トレンドライン」でも「収束三角形」の完成です。

トレンドパターン「収束三角形」とは?【FXテクニカル分析】

「値動きの収束」と「ラインブレイク」が加わり、
普通のラインブレイクより、更に強力なバージョンが「収束三角形」です。

収束三角形のトレード方法

トレード手法は、ラインブレイクと変わりません。
ラインブレイクと同様に「ブレイクした方にエントリー」だけでOKです。

個人的には、他のサインと組み合わせなくとも、
これだけで信用できるサインなので、ブレイク後は迷わずエントリーをオススメします。

中二病
ブレイクでエントリーだ!!

勢いよく抜けずに、ダラダラ横ばいを続けている場合は、
様子見して新たなエントリーチャンスを待ちましょう。

まとめ

  • 収束三角形とは、三角形のライン内で値動きが収束している時。
  • 考え方は「ラインブレイク」+「バンド収束」に似ている。
  • 普通のラインブレイクより、更に強力なサイン。
  • ブレイクした方にエントリー。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です