フィボナッチ・タイムゾーンとは?基本と傾向【FXテクニカル分析】

シェアする

フィボナッチ・タイムゾーンとは?基本と傾向【FXテクニカル分析】

フィボナッチで代表的なフィボナッチラインである
「フィボナッチリトレースメント」(Retracement)の他に、

Time Zone「Expansion・Fan・Arcs」などがあります。

フィボナッチ数列を利用した、
フィボナッチライン Time Zone の基本と傾向を知り、
FXテクニカル分析に活かしましょう。

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

フィボナッチ「Time zone」タイムゾーンとは?

フィボナッチ・リトレースメントでは、
1つの波(山or谷)を対象にして、その間にフィボナッチ数を表示し、

「どの辺まで戻るのか?」
「どの辺で反発するのか?」の判断材料に使うフィボナッチラインでした。

Time Zone は「時間軸」を対象にして、時間軸にフィボナッチラインを表示し、

「どの辺(期間)で転換点を迎えるか?」という予想や、
「どの辺(期間)が天井、底値になるか?」といった予想に使うフィボナッチラインです。

フィボナッチの基本、リトレースメント 参考記事↓
フィボナッチ リトレースメント とは?基本と傾向【FXテクニカル分析】

フィボナッチ「タイムゾーン」の基本

タイムゾーンを表示するときの基本は
1つの大きな波の時間軸を結んで表示させます。

メタトレーダー【MT4】で表示する場合は
「挿入」→「フィボナッチ」→「タイムゾーン」で表示できます。

まずは表示させている画像を見てみましょう。

フィボナッチ「タイムゾーン」とは?基本、傾向【FXテクニカル分析】

大きな波の幅(時間軸)を結びます。

今回の画像は、高値と安値を結んでいますが、
「タイムゾーン」は高値、安値は関係ありません。

タイムゾーンを表示させると、
このように、時間軸に線(縦線)が表示されます。

この線使い、先の市場展開を予想します。

中二病
時間軸から今後の展開を予想するのか。
厨二病
「来週から相場が転換する」なんて分かったらすごいよね!

フィボナッチ「タイムゾーン」使い方

フィボナッチラインは「リトレースメント」で紹介しているように「黄金比」です。

タイムゾーンの考え方は、

【今回、底から天井(天井から底)に到達した時間(幅)は○○くらい掛かった。
では次に「天井もしくは底」に到達するのは、あの辺りの時間軸ではないか?

というような考え方で予想します。

「天井もしくは底に到達した時間」を言い換えるならば、
「トレンドが転換するまでの期間」ということです。

タイムゾーンを表示すると
「あの辺りでトレンドが転換するかもしれない」という予想ができます。

フィボナッチ「タイムゾーン」とは?基本、傾向【FXテクニカル分析】

画像をみると、

最初の幅に「タイムゾーン」を引いた後の、3本目、4本目のライン辺りでは、
勢いが無くなったり「転換(底打ち、頭打ち)」していますね。

このように
「大きく動き出すところの目安」になったり、
「転換の目安」「天井、底の目安」になります。

自分の引いた幅(波)により、使い方は異なってきます。

フィボナッチは目安なので、
今後の予想や、他のサインのサポート(重複)に使いましょう。

中二病
フィボナッチは目安。
厨二病
あの辺で転換するかも…って思うだけでも、見え方が大きく変わるね。
その他のフィボナッチライン → リトレースメントExpansionFanArcs
(フィボナッチ数列の基本は リトレースメント に記載)

まとめ

  • Time Zone は「時間軸」を対象にしたフィボナッチライン。
  • 1つの大きな波の時間軸を結んで表示させる。
  • 次に「天井もしくは底」に到達する期間の予想に役立つ。
  • 大きく動き出すところの目安・転換の目安・天井、底の目安になる。
  • フィボナッチは目安。今後の予想や、他のサインのサポート(重複)に使う。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です