フィボナッチ Arcs とは?基本と傾向【FXテクニカル分析】

シェアする

フィボナッチ Arcs とは?基本と傾向【FXテクニカル分析】

フィボナッチで代表的なフィボナッチラインである
「フィボナッチリトレースメント」(Retracement)の他に、

Arcs「エクスパンション・Time Zone・Fan」などがあります。

フィボナッチ数列を利用した
フィボナッチライン Arcs の基本と傾向を知り、
FXテクニカル分析に活かしましょう。

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

フィボナッチ Arcs とは?

フィボナッチ・リトレースメントでは、
1つの波(山or谷)を対象にして、その間にフィボナッチ数を表示し、

「どの辺まで戻るのか?」
「どの辺で反発するのか?」の判断材料に使うフィボナッチラインでした。

Arcs(アーク)とは、
リトレースメントと同様に、1つの波を対象にして、
その間にフィボナッチラインを表示し、戻り、反発の予想に利用するラインですが、

他のフィボナッチラインと違う所は、
Arcs とは「弧」のことで「弧を描く(円を描く)」フィボナッチラインです。

フィボナッチの基本、リトレースメント 参考記事↓
フィボナッチ リトレースメント とは?基本と傾向【FXテクニカル分析】

フィボナッチ Arcs の基本

基本はリトレースメントと一緒です。
唯一違う点は「線が円形(曲がっている)」になっている点です。

まずは、画像で確認してみましょう。

フィボナッチ Arcs とは?基本と傾向【FXテクニカル分析】

点線がリトレースメントで、黄色の線が Arcs です。

わかりにくいかもしれませんが、画像の右の方を見てください。
多少ズレていて、リトレースメントのラインとの間にスキマがあります。

このように、微妙の違いではありますが、Arcs は少し曲がったフィボナッチラインです。

中二病
ホント微妙だが…
厨二病
確かに曲がってるね

また、上の画像の場合、Arcs は上方向に曲がっています。
それは、安値から高値に向けてラインを表示させているからです。

上昇トレンドに表示させた場合は「上方向」
下降トレンドに表示させた場合は「下方向」に曲がります。

このように Arcs は、通常のフィボナッチラインに加え、
トレンドの要素も含んでいるフィボナッチラインです。

メタトレーダー【MT4】で表示する場合は
「挿入」→「フィボナッチ」→「リトレースメント」で表示できます。

フィボナッチ Arcs の傾向

傾向も、リトレースメントと同様で、
どこまで戻るか?どこで反発するか?の目安に使います。

フィボナッチ Arcs とは?基本と傾向【FXテクニカル分析】

トレンド要素も含んでいるため、更に精度が増したフィボナッチラインと言えます。

画像右の方では、通常のフィボナッチラインである
リトレースメントを微妙に抜けていますが、Arcsのラインでキッチリ反発しています。

ですが、フィボナッチラインはあくまで「目安」なので、
フィボナッチラインだけでの判断は控えましょう。

中二病
どの辺で反発するのか?目安にするために使うんだな。
厨二病
複数のサインと重複した場合はエントリーだね!!
その他のフィボナッチライン → リトレースメントExpansionFanタイムゾーン
(フィボナッチ数列の基本は リトレースメント に記載)

まとめ

  • Arcs とは、リトレースメントと同様に、1つの波を対象にしたフィボナッチライン。
  • 使い方や傾向は、リトレースメント一緒。
  • 違いは、ラインが曲線で表示されること。
  • トレンドの要素も含んでいるため、曲線になる。
  • 更に精度が増したフィボナッチラインと言える。
  • フィボナッチラインはあくまで「目安」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です