フィボナッチ リトレースメント とは?基本と傾向【FXテクニカル分析】

ライントレード

FXテクニカル分析では「フィボナッチ」という数列がよく使われます。

そのフィボナッチ数列を利用したラインを表示して、
相場予想や、チャート分析を行います。

フィボナッチには様々なラインがあり、
代表的なラインが「フィボナッチ・リトレースメント」です。

フィボナッチ数列の基本や、リトレースメントの傾向を知り、
FXテクニカル分析に活かしましょう。

※わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

フィボナッチ数列とは?

フィボナッチ数列とは、13世紀のイタリアの数学者
「レオナルド・フィボナッチ」にちなんで名付けられた

不思議な特徴を持つと言われる数列、黄金比、黄金分割のことです。

このフィボナッチ数列は、自然界でも多く見られます。

有名なものでは、
「松ぼっくり」「花の花弁の数」「ひまわりの種の並び方」
「木の伸び方」「宇宙での星雲の渦」…。

更には「エジプトのピラミッド」「パルテノン神殿」にもこの法則が成り立ちます。

自然界の法則も含めて、世の中にはこの「黄金比」に従って動的均整を示すものが
多く存在すると言われています。

フィボナッチ数列の基本

フィボナッチ数列には法則があります。

フィボナッチ数列の法則は
左の数字を足した数が続きます。(1+1=2 1+2=3 2+3=5…)

0、1、1、2、3、5、8、13、21、34、5589
144、233、377、610、987、1597、2584………。

またどの数字も、1つ上の数字に対しては1.618倍の割合になると言われています。

中二病
中二病

正直、計算方法は必要ないね。

「不思議な数字」「黄金率」と覚えておけば問題ありません。

また、移動平均線で「21」「55」「89」などの数値を使う人もいます。
これは「フィボナッチ数列」から取った数字です。

私は20SMAと75SMAを使ってますが、
21SMAや89SMAなども有効に使える移動平均線です。

厨二病
厨二病

自分が良いと思った数値を利用しよう!

移動平均線 参考記事↓

移動平均線(SMA・EMA)基本【FXテクニカル分析】
FXのテクニカル分析で有名な「移動平均線」…移動平均線を表示するだけで様々な分析が可能です。移動平均線の基本を覚え、FXテクニカル分析に活かしましょう。【SMA】は単純な平均線を表示します。「昨日の平均値も、20日前の平均値も、同等の価値がある」という考えのもとに…【EMA】は「10日前より1日前、20日…

フィボナッチ・リトレースメントの基本

では、そんなフィボナッチ数列を使用したライン、
「フィボナッチ・リトレースメント」の基本を学びましょう。

まずは「リトレースメント」を表示した画像を見てみましょう。

フィボナッチ・リトレースメントの基本

約167.800ポンド/円から、
約173.100ポンド/円にリトレースメントを表示させています。

基本的には、一つの山(谷)に表示させ、
「どの辺まで戻るか?」「どの辺で反発するか?」の判断材料に使います。

 

また、フィボナッチラインは「相場の状況」により使い分けます。

トレンド中に役立つフィボナッチラインや、
時間軸(期間)で分析するフィボナッチラインなど様々ですが、

「リトレースメント」は「レンジ相場」で役立つフィボナッチラインです。

メタトレーダー【MT4】で表示する場合は
「挿入」→「フィボナッチ」→「リトレースメント」で表示できます。

トレンド・レンジ 参考記事 ↓

トレンド・レンジとは?FX相場の基本と傾向 【FXテクニカル分析】
FX相場には、価格変動の「波」があります。まずはFX相場の波の基本と傾向を覚え、テクニカル分析に活かしましょう。FXの波は2種類の「トレンド」と「レンジ」に分けられます。上昇している波を「上昇トレンド」下降している波を「下降トレンド」どちらとも言えない波のことを「レンジ」といいます。FX相場の基本と傾向…

フィボナッチ・リトレースメントの傾向

フィボナッチ・リトレースメントの基本

「0」と「100」の数値は、サポートラインと、レジスタンスラインと思ってOKです。

各ラインの参考記事↓

トレンド・レジスタンス・サポートラインの基本と傾向【FXテクニカル分析】
ライントレードとは、FXチャートにラインを引き、そのラインを使って分析する手法です。FXのライントレードの基本と傾向を覚え、テクニカル分析に活かしましょう。トレンドラインとは?…サポートライン・レジスタンスラインとは?…トレンドライン、サポートライン、レジスタンスラインは、同じ所で反発しているほど信頼性…

では不思議なことに、バンドなどに当たってないのに、61.8ラインの辺りで反発してます。

中二病
中二病

これが「フィボナッチ」の凄い所だな!

前回の山(谷)に対して、どこまで戻って反発するか?という目安になります。

では、レジスタンスラインの役割とバンドの力もあり、反発しています。

はバンドの影響もあると思いますが、61.8ラインで綺麗に反発してますね。
④⑤⑥もそれぞれのフィボナッチライン辺りで反発しています。

このように、
どの辺で反発するか?という目安になるのが「フィボナッチライン」であり、
「レンジ」で役立つフィボナッチラインが「リトレースメント」です。

ボリンジャーバンド 参考記事↓

ボリンジャーバンド 傾向とトレード手法【FXテクニカル分析】
ボリンジャーバンドの傾向とトレード手法を覚え、FXのテクニカル分析に活かしましょう。基本的な使い方は逆張り…突き抜けたから流れが止まるんではないか?と予想…ボリンジャーバンドの収束…【バンドが縮んできた = そろそろ大きな動きになるかも】と予想…バンドウォークとは、バンドに沿って市場価格が上昇または下降…

フィボナッチ・リトレースメントのトレード手法

フィボナッチは「大きな時間軸」程有効です。

相場のサイクルにフィボナッチを取り入れて考えたり、
どの辺で反発、「天井、底」になるのかの目安として使います。

厨二病
厨二病

相場サイクルの転換点をフィボナッチで予想するのか。

個人的には、エントリーに使うより、利確に使うことをオススメします。

反発することは多々ありますが、
その数値で「キッチリ」反発することは少なく「この辺」という感じの反発が多いことと、

「波の戻りや反発」の目安なので、
○○数値辺りで戻しだしたから「一旦利確しておく」という感じの使い方をオススメします。

中二病
中二病

反発する際に、他のサインと重複したらエントリーしても良いかも…

個人的には利確にしか使ってませんが、
大きな時間軸での「フィボナッチライン」は信頼性が増すので、
大きな時間軸での反発は、エントリーに使っても良いと思います。

その他のフィボナッチライン → ExpansionFanタイムゾーンArcs

まとめ

  • フィボナッチ数列とは、不思議な特徴を持つと言われる数列、黄金比、黄金分割のこと。
  • 一つの山(谷)に表示させる。
  • どの辺まで戻るか?どの辺で反発するか?の判断材料に使う。
  • フィボナッチラインは「相場の状況」により使い分ける。
  • リトレースメントは「レンジ相場」で役立つフィボナッチライン。
  • フィボナッチは「大きな時間軸」程有効。
  • エントリーに使うより、利確時に使う。

コメント