フィボナッチ Fan とは?基本と傾向【FXテクニカル分析】

シェアする

フィボナッチ Fan とは?基本と傾向

フィボナッチで代表的なフィボナッチラインである
「フィボナッチリトレースメント」(Retracement)の他に、

Fan「エクスパンション(Expansion)・Time Zone・Arcs」などがあります。

フィボナッチ数列を利用した
フィボナッチライン Fan の基本と傾向を知り、FXテクニカル分析に活かしましょう。

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

Fan とは?

フィボナッチ Fan とは、フィボナッチ数列を利用したラインを表示し、
FXテクニカル分析を行う「フィボナッチライン」です。

リトレースメント(Retracement)や Expansion では、
水平ラインを表示して、反発などの予想に使うものでしたが、

Fan は水平ラインではなく「トレンドライン」にフィボナッチを足したラインです。

フィボナッチのトレンドラインを表示し、
「どの辺まで戻るのか?」
「どの辺で反発するのか?」の判断材料に使うラインです。

フィボナッチの基本、リトレースメント 参考記事↓
フィボナッチ リトレースメント とは?基本と傾向【FXテクニカル分析】

Fan の基本

基本は「一つの波」を対象とし、安値と高値を結んで表示させます。

メタトレーダー【MT4】で表示する場合は
「挿入」→「フィボナッチ」→「Fan」で表示できます。

まずは画像を見てみましょう。

フィボナッチ「Fan」とは?基本と使い方【FXテクニカル分析】

1つの波の高値と安値を結ぶことにより、
「38.2」「50」「61.8」の3本のラインが表示されます。

このラインは「トレンドライン」なので、
反発や押し目買い、戻り売りのポイント予想に使えます。

ちなみに上↑の画像は「1つの波」というよりは「複数の小さな波」を含んでいます。

Fan などのフィボナッチラインは「大きな時間軸」の方が信頼度が高くなり、
「大きな波を1つの波として捉える」事で、更に信用できるラインになる傾向があります。

小さなトレンドや時間軸を対象とするのではなく、
「大きな時間軸」で「ある程度大きな波の高値と安値」を結びましょう。

Fan の傾向

フィボナッチ「Fan」とは?基本と使い方【FXテクニカル分析】

トレンドに表示させるラインですから、

どの辺が「押し目買い」「戻り売り」のポイントになるのか?
どの辺で「反発するのか?」を見るラインですね。

使い方は、画像の矢印の通りです。

大きな上昇トレンドの波の高値と安値を結ぶと、
そのトレンド方向にラインが表示されています。

この3本のラインで、何回も反発を繰り返してますね。

中二病
フィボナッチラインて凄い…

このライン自体が「トレンドライン」の役目を果たしてくれます。

この反発を「押し目買い、戻り売り」で狙うわけですね。

また、白の矢印ではラインで上昇を阻む形になっています。
ごく稀ですが、Fanのラインで上昇(下降)が阻まれる事があるので注意しましょう。

フィボナッチラインはあくまで目安です。
「サポートライン、トレンドライン」と同じように、
何度も反発している線ほど「信頼できるライン」になります。

信頼性があるラインでなければ、エントリーは控え、目安として使いましょう。

また、信頼できるラインであれば、ラインブレイクも狙えます。
同じラインで何度も反発している場合は、ブレイクのチャンスも逃さないようにしましょう。

中二病
このラインは結構強そう(信頼できそう)だな…と思えるラインでトレードしよう
厨二病
1回反発したくらいでは、強いラインとはいえないので、そんな時のトレードは慎重に!
その他のフィボナッチライン → リトレースメントExpansionタイムゾーンArcs(フィボナッチ数列の基本は リトレースメント に記載)

まとめ

  • Fan は、水平ではなく、斜めに表示されるフィボナッチライン。
  • 一つの波に表示させる。
  • 大きな波、大きな時間軸に表示させるほど信頼性が増す。
  • どの辺まで戻るか?どの辺で反発するか?の判断材料に使う。
  • トレンドに対して有効なフィボナッチライン。
  • フィボナッチは目安。今後の相場予想や、他のサインのサポート(重複)に使う。
  • トレンドラインの役目なので、ラインブレイクも狙える。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です