ダブルトップ ダブルボトムの基本と傾向【FXテクニカル分析】

シェアする

ダブルトップ ダブルボトムの基本と傾向【FXテクニカル分析】

FXでは、市場価格の値動きによるパターンがあります。

ダブルトップ、ダブルボトムは、
トレンドのパターンでテクニカル分析を行う「トレンドパターン」です。

トレンドパターンの基本は「ライントレード」です。

ダブルトップ、ダブルボトムの基本と傾向を覚え、テクニカル分析に活かしましょう。

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

ダブルトップ、ダブルボトムとは?

FXライントレードのトレード手法として、よく知られているのが、
「ダブルトップ」と「ダブルボトム」です。

まずは画像を見てみましょう。

ダブルトップ、ダブルボトム

今回の画像は「ダブルトップ」です。

「ダブルトップ」とは、山が2つ出来た状態のことを言います。
「ダブルボトム」はその逆で、谷が2つ出来た状態のことです。

ダブルトップ、ダブルボトムは、市場価格の波でできた「トレンドパターン」です。

画像では、山が2つで「ダブルトップ」が完成しています。

ダブルトップ、ダブルボトムの基本と傾向

ダブルトップ、ダブルボトムの基本と傾向を覚えましょう。

ダブルトップ、ダブルボトム

ダブルトップ、ダブルボトムは共に「トレンド転換のサイン」です。

①で一旦下がったが、②で反発し上昇。

こうなれば、再び上昇トレンドとなりそうですが、
①の高値を越えずに反転し、③で下降しています。
(もちろん高値を越えて反転しても、ダブルトップです)

③で下降に転じ、④で②のネックラインを越えたことにより、
ダブルトップが完成し、トレンドが転換しています。

ローソク足の長いヒゲにも記載していますが、③で①の高値を越えずに反転した場合は、
山を越えなかったため、下降トレンドに転換した可能性が高いと予想できます。

中二病
この場合は売りエントリーで構えよう

ネックラインとは②のサポートラインのことを言います。
ダブルトップ、ダブルボトムの場合「ネックライン」といいます。

もし上の画像④で②のネックラインを越えなかった場合、
ダブルトップ、ダブルボトムは完成していません。

越えなかった場合は、レンジになるか、再び上昇する可能性が高いので、
ダブルトップ、ダブルボトムのエントリーは「ネックラインを越えたら」が基本です。

ダブルトップ、ダブルボトムの利確ポイント

ここからが、ダブルトップとダブルボトムの良いところです。

ダブルトップ、ダブルボトムは、
「形成した山(谷)の分だけ値が動く」という傾向があります。

ダブルトップ、ダブルボトム

④でネックラインをブレイクし、更に下降が強まって、その後⑤辺りで反転しています。

ブレイクした時③~④の山の分だけ、値が動く傾向があります。

エントリーポイントから利確ポイントまで教えてくれる、
親切なトレンドパターンです。

今回は、山の分より少し多めに下がっていますが、
この逆もあり、山の分より少ない時もあります。

なので、山の分の少し手前辺りに利確の注文を出しておけば問題ないでしょう。

「ダブルボトム」も同じく、ネックライン(レジスタンスライン)で
ブレイクしたら、谷の分だけ動く傾向があるので考え方は同じです。

トレンドパターンは、多くのトレーダーが注目しているため信頼できるサインです。

ライントレードのパターン、
トレンドパターンのサインは他にもあり、わかりやすい上に信頼性も高いので、
チャートで発見したら、利益を逃さないようにしましょう。

ダブルトップに似たトレンドパターン「ヘッド&ショルダー」も覚えておきましょう。

まとめ

  • ダブルトップは、山が二つできた時のトレンドパターン。
  • ダブルボトムは、谷が二つできた時のトレンドパターン。
  • ダブルトップ、ダブルボトムは「トレンド転換」のサイン。
  • ネックラインをブレイクしたら完成。
  • ネックラインをブレイクした方向にエントリー。
  • ネックラインブレイク後は山(谷)の分だけ動く傾向がある。
  • トレンドパターンは信頼性が高い。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です