トレンド・レンジとは?FX相場の基本と傾向 【FXテクニカル分析】

シェアする

トレンド・レンジとは?FX相場の基本と傾向 【FXテクニカル分析】

FX相場には、価格変動の「波」があります。

ずっと上がり続ける訳でもなく、下がり続ける訳でもない。
上がったり下がったりを繰り返し、ジグザグの波を形成しています。

まずはFX相場の波の基本と傾向を覚え、テクニカル分析に活かしましょう。

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

FX相場にはトレンドとレンジがある

FXの波は2種類の「トレンド」と「レンジ」に分けられます。
基本的にFXチャートでは、波のようなジグザグの波動を繰り返しながら進んでいきます。

FX相場は、上昇する時も、一本調子に上がるのではなく、
上がっては下がり、下がっては上がりを繰り返し、1つの「トレンド」を形成します。

上昇している波を「上昇トレンド」
下降している波を「下降トレンド」
どちらとも言えない波のことを「レンジ」といいます。

上昇トレンドと下降トレンドとは?

実際に上昇トレンドを見てみましょう。

レジスタンス、サポート、トレンドライン

(レジスタンスライン、サポートラインの記事はコチラ↓)
トレンド・レジスタンス・サポートラインの基本と傾向【FXテクニカル分析】

上昇トレンドとは、「高値と安値を同時に切り上げていく状態」で、
安値は更新せず、高値だけを更新している状態の事です。

下降トレンドとは、「高値と安値を同時に切り下げていく状態」で、
高値は更新せず、安値だけを更新している状態の事です。

レンジとは?

上昇トレンド、下降トレンドとも言えない状態が「レンジ」です。
一度画像を見てみましょう。

レンジとは?

レンジとは、
「高値も安値も更新していない状態」
「高値(安値)は更新しているが、安値(高値は)は切り上がって(下がって)いない状態」
というような「トレンドではない波」=「レンジ」です。

FX相場の基本と傾向

相場の基本は「トレンド」と「レンジ」の繰り返しです。

上昇トレンドが転換する時は「下降トレンド」か「レンジ」に転換します。
下降トレンドが転換する時は「上昇トレンド」か「レンジ」に転換します。
レンジが転換する場合は、どちらかのトレンドの始まりです。

FXテクニカル分析の基本は

中二病
「今の相場はトレンド(上昇&下降)か?レンジか?」
を見極めることが重要です。

なぜなら、トレンド側に大きく動くからです。

レジスタンス、サポート、トレンドライン

上昇トレンドは、上昇が大きく下降が小さいから「上昇トレンドが形成」されます。

であれば、
上昇トレンド中は「買い」でエントリーした方が利益になりやすく、
下降トレンド中は「売り」でエントリーした方が利益になりやすいのです。

レンジの場合、
安値か高値のどちらか、もしくは両方とも更新しないのが「レンジ」です。
とすると、更新せず反発した方向にエントリーするのが基本です。

このように、
トレンドとレンジを見極めるのは
「どちらでエントリーすべきか?」としての判断材料になります。

時間軸によっても変わる

週足ではレンジだが、1時間足でみると下降トレンド。
日足で見たら下降トレンドだが、5分足でみると上昇トレンド。
というような場合が多々あります。

見る時間軸により、トレンドは違ってきます。

mojimaru1453347449

スキャルピングやデイトレをメインとしているトレーダーは、
短い時間軸のチャートを重要視し、長い時間軸のチャートも考慮する。

スイングトレードといった長期をメインとしているトレーダーは、
長い時間軸のチャートを重要視し、短い時間軸のチャートも考慮する。

トレーダーによって、注目するチャートは様々なので、
自分のトレードスタイルに合った「トレンド」を見極めましょう。

スイングトレーダーは、長い時間軸を重要視し、
レンジが終わってから抜けた方のトレンドに乗る。

スキャルピングやデイトレを主としている人は、短い時間軸を重要視し、
トレンドの細かな浮き沈みや、レンジの跳ね返りを狙うなど、

相場の「トレンドやレンジの流れを読む」だけでも、色んな手法の手助けになります。

今の相場はトレンドかレンジか?
常に確認しながらトレードを行いましょう。

まとめ

  • FX相場の波は2種類で「トレンド」「レンジ」に分けられる。
  • トレンドには「上昇トレンド」と「下降トレンド」がある。
  • 「今の相場はトレンド(上昇&下降)か?レンジか?」を見極めることが重要。
  • 基本的に「順張り」の方が利益になりやすい。
  • 時間軸により、トレンド・レンジを見極める。
  • トレードスタイルに合わせて時間軸を使い分ける。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です