ヘッド&ショルダーとは?基本と傾向【FXテクニカル分析】

シェアする

ヘッド&ショルダー とは?基本と傾向【FXテクニカル分析】

FXでは、市場価格の値動きによるパターンがあります。

ヘッド&ショルダーは、
トレンドのパターンでテクニカル分析を行う「トレンドパターン」です。

トレンドパターンの基本は「ライントレード」です。

ヘッド&ショルダーの基本と傾向を覚え、テクニカル分析に活かしましょう。

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

ヘッド&ショルダーとは?

人の形の「肩と頭」に似たトレンドパターンのため、ヘッド&ショルダーと呼ばれています。

ヘッド&ショルダーは「トリプルトップ・トリプルボトム」とも呼ばれます。

まずは画像を見てください。

ヘッド&ショルダー

中二病
この形に似たようなものを見たことが…

ダブルトップに似てますよね?

基本、傾向など、考え方は「ダブルトップ・ダブルボトム」と同様です。

ヘッド&ショルダーの基本と傾向

上昇後、緩やかに下降し①でまた上昇。
そのまま上昇が続く感じですが、②でまたもや反発し下降。

この時③のところで①がサポートラインの役割になっていますが、
①のネックライン(サポートライン)を③がそのまま抜けていたら「ダブルトップ」ですね。

③で反発し、今度は②の高値を更新せず、④で下降へと転じました。

そして①と③のネックラインを抜け「ヘッド&ショルダー」の完成です。

ヘッド&ショルダーは「トレンド転換」のサインです。
抜け方は緩やかではありますが、その後下降に転じています。

ヘッド&ショルダーの利確ポイント

利確も「ダブルトップ、ダブルボトム」同様、山(谷)の分だけ動く傾向があります。

今回は約1円の山でしたから、ブレイク後は約1円動いています。

ヘッド&ショルダー

これも、利確まで教えてくれる便利なトレンドパターンですね。

③と④で出来た「山の分だけ」下がった所が⑥です。
ちょうど山の分だけ下がった後、緩やかに上昇しています。

更には、ラインブレイク後のライン同様、
①と③で「サポートライン」だったラインが「レジスタンスライン」に変わっています。

ここでは、レジスタンスラインまで到達していませんが、そのことが頭に入っていれば、
毛抜きや、十字架も出現しているので、容易にエントリーできると思います。

このように「ヘッド&ショルダー」も利確ポイントも教えてくれる
便利なトレンドパターンです。

ヘッド&ショルダーの逆である、
ダブルボトムに一つ谷を加えた形(トリプルボトム)も、考え方は同じです。

厨二病
クレしんで言う所の「ぞうさん」の形だね。

トレンドパターンは、多くのトレーダーが注目しているため信頼できるサインです。

ライントレードのパターン、
トレンドパターンのサインは他にもあり、わかりやすい上に信頼性も高いので、
チャートで発見したら、利益を逃さないようにしましょう。

まとめ

  • ヘッド&ショルダーは、山が3つできた時のトレンドパターン。
  • トリプルトップ、トリプルボトムとも呼ばれる。
  • ヘッド&ショルダーは「トレンド転換」のサイン。
  • ネックラインをブレイクしたら完成。
  • ネックラインをブレイクした方向にエントリー。
  • ネックラインブレイク後は山(谷)の分だけ動く傾向がある。
  • トレンドパターンは信頼性が高い。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です