【MT4】メタトレーダーのインストール、使い方&カスタム

シェアする

MT4、メタトレーダーのインストール&カスタム

XMで口座開設を済ませたら、メタトレーダーをインストールしましょう。

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。

XMトップページ

日本語表示にするには赤枠から日本語を選択。
メタトレーダーインストールは青枠をクリック!

インストールはコチラから⇒

デモ口座か本口座を開設していないと
ログインIDやパスワードが発行されていないのでインストールしても使用できません。
口座開設が終わってない人は、【XM】口座開設手順【スプレッド・手数料】
開設手順を記載していますので参考にしてください。
スポンサーリンク

【MT4】にログインし、使い方をマスターしよう。

インストール後、ログインIDとパスワード、サーバーを選んでログインしてください。

MT4ログイン

初めてログインされた方は、こんな感じで表示されます↓
(チャートが4分割されてるかと思います)

MT4

ローソク足表示にするために、自動売り買いの二つ右をクリック。
このエリアは、ローソク足や、ティック表示などを選択するエリアです。

ローソク足選択後、まずは味気ない緑のチャートをカスタムしましょう。

チャート画面上で右クリック。プロパティをクリック。
そうすると、チャートの背景色や、バー(ローソク足の)色の変更が行えます。

チャートの背景色や、バー

M1、M5、M15と並んでいるのが、チャートの時間軸変更です。
1分、5分、15分、30分、1時間、4時間、1日、1週間、1か月です。

それから、虫眼鏡でローソク足のズームアウトです。

水色の枠、縦線だったり横線、「A」なんてのもありますが、
チャートにレジスタンスラインやサポートライントレンドラインを引くときに使います。

また、テキストやチェックサイン、矢印なども表示できます。
チャネルやフィボナッチを使うときも、ココから表示させます。

色を変えたら通貨ペアを表示!

XMでは3つの口座タイプがありました。

マイクロ、スタンダード。XMzeroです。

それぞれの口座タイプで、それぞれの通貨ペアがあります。
デフォルトだと通貨ペアがスタンダード用になっているかと思います。

マイクロ口座なら、USD/JPYmicroなど、microが付いている通貨ペアしか使えません。

またXMzero口座はUSD/JPY,←この(,)が付いている通貨ペアが
専用の通貨ペアなので、デフォルトの通貨ペアに追加しましょう。

まず左上の「表示」から、通貨ペア一覧をクリック。

通貨ペア一覧

そうすると↑のような5つ(マイクロでは6つ)のグループが出てきます。
その一つのグループをダブルクリックしてみると、
グループ分けされた通貨ペアが表示されます。

表示させたい通貨ペアをダブルクリックすると、通貨ペアに追加されます。
ドル円ポンド円ユーロ円は追加しておきましょう。

追加したあと、チャートに表示させたい通貨ペアを、
チャートにドラッグ&ドロップすれば選んだ通貨ペアが表示されます。

これで通貨ペア追加はOKです。

後はインジケーターを表示させるだけ

最後にインジケーターを表示させましょう。

インジケーターは、左下のナビゲーションから選択し、
チャートにドラッグ&ドロップすれば表示されます。

試しに移動平均線を表示させましょう。

羅線分析ツールから、トレンドを開き「MovingAverage」を
チャートにドラッグ&ドロップしてください。

移動平均線を表示

ドラッグ&ドロップすると、↑のような画面が表示されます。

この画面はSMAやEMAの選択、移動平均線の期間、線の太さや色などを選択します。

SimpleがSMAでExponentialがEMAです。適用価格はcloseのままでOKです。

選択後、OKを押せば無事完了です。

これで、インストールからカスタム、インジケーターの表示は終了です。

別ページに、オススメのインジケーターの組み合わせを紹介しています。
オススメのインジケーター組み合わせはコチラ→「作成中」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です