MT4(メタトレーダー)1つのチャートに、2つの通貨ペアを表示する方法

シェアする

MT4(メタトレーダー)1つのチャートに、2つの通貨ペアを表示する方法

FXチャートで有名な MT4(メタトレーダー)では、
様々なインジケーターを使用できます。

MT4(メタトレーダー)の、1つのチャート(1画面)に、
複数の通貨ペアを表示するインジケーターを利用し、テクニカル分析の幅を広げましょう。

MT4(メタトレーダー)の1つのチャートに、他の通貨ペアを表示するインジケーターは
複数ありますが、オススメのインジケーターを3つ紹介します。

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

1つの画面に、違う通貨ペアのローソク足を表示する

1つの画面に、違う通貨ペアの「ローソク足」を表示したい場合は、
OverLayChart を利用しましょう。

まずは実際に表示している画像を見てみましょう。
下の画像は、ポンド/円 のチャートに、ドル/円 のローソク足を表示しています。

1つの画面に、違う通貨ペアのローソク足を表示する

MT4のデフォルトのローソク足が「ポンド/円」
黄色が混じっているローソク足が「ドル/円」です。

MT4(メタトレーダー)での表示方法

1つの画面に、違う通貨ペアの「ローソク足」を表示したい場合は、
ファイルをダウンロードし、MT4(メタトレーダー)にアップロード後、
チャートにドラッグ&ドロップで完了です。

アップロード後は、MT4の再起動を必ず行ってください。

ファイルのダウンロードはコチラから → OverLayChart.mq4
ダウンロードファイルをMT4にアップロードする方法は、コチラ↓を参考に。
参考記事 → MT4(メタトレーダー)ダウンロードファイルを表示させる方法・手順

OverLayChart の設定

表示する「通貨ペア」を変更したい場合、
OverLayChart を右クリックし、プロパティの「パラメーターの入力」から、
「SubSymbol」を任意の通貨ペアに変更すればOKです。

OverLayChart の設定

見にくいようであれば、色の変更なども行いましょう。

1つの画面に、違う通貨ペアのラインチャートを表示する

1つの画面に、違う通貨ペアの「ラインチャート」を表示したい場合は、
CurrencyOverlay を利用しましょう。

個人的には、ローソク足を2つ表示するとゴチャゴチャして見にくいので、
違う通貨ペアの「ラインチャート」の方がスッキリしていて好きです。

画像を見てみましょう。
下の画像は、ポンド/円 のチャートに、ドル/円 のラインチャートを表示しています。

1つの画面に、違う通貨ペアのラインチャートを表示する

赤のラインチャートが「ドル/円」です。

MT4(メタトレーダー)での表示方法

表示方法は、まず CurrencyOverlay.zip にアクセスし、
zipファイルをダウンロードして下さい。

zipファイルをダウンロード

zipファイルをアップロードする場合は、
ファイルを一度解凍してから、フォルダ内の「CurrencyOverlay.mq4」を
MT4(メタトレーダー)にアップロードしてください。

アップロード後は、MT4の再起動を必ず行ってください。

ダウンロードファイルをMT4にアップロードする方法は、コチラ↓を参考に。
参考記事 → MT4(メタトレーダー)ダウンロードファイルを表示させる方法・手順

CurrencyOverlay の設定

表示する「通貨ペア」を変更したい場合、
CurrencyOverlay を右クリックし、プロパティの「パラメーターの入力」から、
「CurrencyPair」を任意の通貨ペアに変更すればOKです。

CurrencyOverlay の設定

見にくいようであれば、色の変更なども行いましょう。

同じ通貨ペアの、違う時間軸のローソク足を表示する

同じ通貨ペアの違う時間軸とは「MTF」(マルチタイムフレーム)です。

マルチタイムフレームの参考記事 → 「マルチタイムフレーム」SMAを表示する

1時間軸のローソク足に日足を表示したり、
5分足チャートに1時間足を表示したりすることが可能です。

まずは画像を見てみましょう。
下の画像は「1時間足に日足」を表示したチャートです。

同じ通貨ペアの、違う時間軸のローソク足を表示する

デフォルトのローソク足に加え、青と赤の線の大きなローソク足が表示されています。

MT4(メタトレーダー)での表示方法

表示するには「 CustomCandle 」というファイルをダウンロードし、
MT4(メタトレーダー)にアップロードする必要があります。

まずは、ファイルをダウンロードしましょう。

ファイルは「 CustomCandle 」と「 CustomCandle6 」があり、
どちらで表示されるかは、PCの環境や、ダウンロードしたMT4により異なります。

CustomCandle のダウンロードはコチラ↓
CustomCandle.mq4 ・ CustomCandle6.mq4

私の場合「 CustomCandle 6 」で表示されました。

どちらかをアップロードしてみて、うまく表示されない場合は、
もう片方のファイルをアップロードしてみてください。

アップロード後は、MT4の再起動を必ず行ってください。

ダウンロードファイルをMT4にアップロードする方法は、コチラ↓を参考に。
参考記事 → MT4(メタトレーダー)ダウンロードファイルを表示させる方法・手順

CustomCandle の設定

CustomCandle は MTF(マルチタイムフレーム)なので、
TimeFrame に任意の数値を入力します。

【TimeFrame】は ○○分 で入力します。
1、5、15、30、60、240、1440、10080(1分から1週間)

CustomCandle の設定

見にくいようであれば、色の変更なども行いましょう。

マルチタイムフレームの「数値・設定方法」などの参考記事↓
「マルチタイムフレーム」SMAを表示する
中二病
MT4には色んなインジケーターがあるな。
厨二病
ダブルのローソク足なんて、結構使えそうだね!
FX最強武神(自称)
MTFのローソク足はトレンドを見るのにも使えそうだな!!
FXの女神!?
あらやだ…あなた可愛いわね♪
FX最強武神(自称)
誰だてめえー!!

まとめ

  • 違う通貨ペアの「ローソク足」を表示したい場合は、OverLayChart
  • 違う通貨ペアの「ラインチャート」を表示したい場合は、CurrencyOverlay
  • 同じ通貨ペアの、違う時間軸のローソク足を表示したい場合は、CustomCandle
  • ファイルを MT4(メタトレーダー)にアップロードした後は、再起動を必ず行う。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です