平均足 とは?基本と傾向【FXテクニカル分析】

ローソク足・酒田五法

FXテクニカル分析では、様々なインジケーターがあります。

その中でも有名なインジケーターである「平均足」
平均足の基本と傾向を覚え、FXテクニカル分析に活かしましょう。

※わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

平均足とは?

平均足とは、2日分の4本値(始値、高値、安値、終値)を使って、
1本のローソク足を表示するインジケーターです。

平均足の始値は、一つ前のローソク足の4本値を足して4で割ったもの。
つまり、前日の4本値の「平均値」です。

終値も同じように、当日(現在)の平均値を計算します。
高値、安値は、普通のローソク足と同様にヒゲが出現します。

名前の通り、ローソク足の平均バージョンです。

【MT4】メタトレーダーでのインジケーター表示、設定の方法はコチラ↓

【MT4】メタトレーダーのインストール、使い方&カスタム
XMで口座開設を済ませたら、【MT4】メタトレーダーをインストールしましょう。インストール後、ログインIDとパスワード、サーバーを選んでログインしてください…まずは味気ない緑のチャートをカスタムしましょう…最後にインジケーターを表示させましょう。インジケーターは左下のナビゲーションから選択し…

平均足の基本

実際に平均足の画像を見てみましょう。

平均足 とは?基本と傾向【FXテクニカル分析】

普通のローソク足の始値は、
一つ前の終値からですが「平均足」は実体の真ん中から始値が表示されています。

中二病
中二病

通常のローソク足と違い、実体(四角)が重なっているところが多いな。

参考までに、普通のローソク足と「平均足」を同時に表示させている画像を見てみましょう。

平均足 とは?基本と傾向【FXテクニカル分析】

普通のローソク足の陽線が「青」で、陰線が「黄色」
平均足は、陽線が「白」で、陰線が「赤」です。

厨二病
厨二病

見比べてみると、普通のローソク足と結構違うね。

①では、普通であれば大きな陰線ですが、平均足では実態が「普通の半分」です。
捉え方も、ローソク足では「大きな陰線」、平均足では「長い下ヒゲ」と違いが出てきます。

②では、ローソク足では「大きな陽線」ですが、
平均足では「上下に長いヒゲがある十字架」のような形になっています。

実際の始値や終値は「ローソク足」が本当の動きなので、
平均足を使う際は「注意が必要」です。

ローソク足「十字架・トンボ」参考記事↓

ローソク足 十字架・トンボ・トウバ 【FXテクニカル分析】
FXのローソク足分析では、いろんなパターンがあり「テクニカル分析の基本」です。ローソク足の「十字架」「トンボ」「トウバ」の傾向とトレード手法を知り、テクニカル分析に活かしましょう。十字架、トンボ、トウバの傾向はローソク足の長いヒゲと同様で「トレンド転換」のサインです。テクニカル分析でも、ファンダメンタルズ…

平均足の傾向

平均足は「平均」を表示するインジケーターなので「トレンド系指標」です。

基本的に順張り。逆張りには不向きです。

平均を表すインジケーターである「SMA」と同様で、
「ゴールデンクロス、デッドクロス」のような感じで使います。

ゴールデンクロス・デッドクロス 参考記事

ゴールデンクロス・デッドクロス 移動平均線の傾向【FXテクニカル分析】
移動平均線の基本を覚えたら「ゴールデンクロス」「デッドクロス」の基本と傾向を覚え、テクニカル分析に活かしましょう。ゴールデンクロス出現で、その後の市場価格は「上昇する」と考えられ、デッドクロス出現で、その後の市場価格は「下降する」と…ゴールデン・デッドクロスのトレード手法…実際に使う場合、チャートの時間軸…

「平均足」は一旦色が変わる(陽線から陰線、陽線から陰線)
その色が継続して出現する傾向があります。

どう言うことか、画像を見てみましょう。

平均足 とは?基本と傾向【FXテクニカル分析】

上昇トレンドに転換した際の「平均足」です。
上昇トレンドに突入したら、トレンド中は殆ど陽線(白)で構成されています。

このように、色が変わると、その色の平均足が続く傾向があります。

トレンド・レンジとは?FX相場の基本と傾向 【FXテクニカル分析】
FX相場には、価格変動の「波」があります。まずはFX相場の波の基本と傾向を覚え、テクニカル分析に活かしましょう。FXの波は2種類の「トレンド」と「レンジ」に分けられます。上昇している波を「上昇トレンド」下降している波を「下降トレンド」どちらとも言えない波のことを「レンジ」といいます。FX相場の基本と傾向…

基本的には、

大きな陽線が数本並んだら「買い」
大きな陰線が数本並んだら「売り」

というように、相場の流れに乗ってトレードする感じで使います。

1本色が変わったくらいでは信用できません。

エントリーに使う際は、最低でも2本は色が変わって、
尚且つ、他のテクニカル分析のサインと重複したら「エントリー」が理想的です。

この辺もゴールデンクロス・デッドクロスと同じです。

中二病
中二病

流れを読む時に使えるインジケーターだな。

厨二病
厨二病

平均足は流れを読むのに適しているが、それ単体でエントリーすべきじゃないわけね。

デイトレ以上の長期トレード向き、
スキャルピングなどの短期トレードには不向きです。

私のトレードスタイルは「スキャルピング」ですので、
平均足だけではエントリーしません。

色が変わったから利確するべき?とか、今後の市場展開を予想する時に使用します。

大きなトレンドや、大きな時間軸では有効ですが、
スキャルピングのような短期トレードでは、
エントリーで使うのではなく、利確で使うことをオススメします。

厨二病
厨二病

結局、どのインディケーターも、
トレードスタイルで変わってきますよね~( ̄▽ ̄)

まとめ

  • 平均足とは、ローソク足の平均バージョン。
  • 実際の始値や終値は「ローソク足」が本当の動きのため、平均足を使う際は注意する。
  • 平均足は「トレンド系指標」
  • 「ゴールデンクロス、デッドクロス」のような感じで使う。
  • 「平均足」は一旦色が変わるとその色が継続して出現する傾向がある。
  • 1本色が変わったくらいでは信用できない。
  • 大きなトレンドや、大きな時間軸で有効。

コメント