ローソク足の基本と仕組み【FXテクニカル分析】

シェアする

ローソク足・酒田五法

FXや株など、投資で使われる分析方法「テクニカル分析」は
様々なインジケーターから分析を行いますが、
テクニカル分析の「基本中の基本」は「ローソク足」です。

値動きを分析する「チャート」で
最も使われているインジケーターが「ローソク足チャート」です。

FXテクニカル分析の第一歩として、
ローソク足の基本と仕組みを覚え、値動きの情報を読み取りましょう。

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

【FX】ローソク足の基本と仕組み

ローソク足一本で始値、終値、高値、安値がわかる

ローソク足は、一本で4つの情報が得られます。
下の画像の「①~④」のローソク足で解説していきます。

FX、ローソク足とは?

ローソク足①

①はローソク足の基本的な形。

上にヒゲ、下にもヒゲ、真ん中には長方形があります。

四角(長方形)の上辺と下辺が、始値と終値です。
ヒゲの先が、高値と安値になります。

私のチャートでは、青が上昇赤が下降なので、
①のローソク足は上昇したローソク足になります。

20SMA(ミドルバンド)ちょっと上の、四角の下辺が始値。

中二病
一時はミドルバンドまで下がり、一時は上昇したものの、
最終的には始値から上昇し、高値から少し下がった所で終値が確定した。というローソク足。

ローソク足②

②は赤のローソク足なので、下降したローソク足です。

①とは違い、上下にヒゲがありません。
ヒゲがないという事は「始値と終値が、高値と安値」ということです。

厨二病
始値から少しも上がることなく下がり続け、
最終的には一番下がった所で終値が確定した。というローソク足。

ローソク足③

③は上にヒゲが少しあるだけです。
②のローソク足の上にチョビヒゲがある感じですね。

中二病
始値から少し上昇したものの、
その後下がり続け、一番下がった所で終値が確定した。というローソク足。

ローソク足④

④は四角(始値と終値)が無く、線だけのローソク足です。

厨二病
始値から、上昇し、下降もしたが、
最終的には始値と同じ価格で終値が確定した。というローソク足。

まとめ

このようにローソク足は、一つのローソク足から複数の情報が得られます。

値動きの幅、ローソク足の並び、パターン、インジケーターなどから、
今後の値動きを「チャート」で予想する方法が【テクニカル分析】です。

その中でも「ローソク足の並び」で分析する手法を「酒田五法」といいます。
(テクニカル分析は「酒田五法」だけに限らず、多くの分析方法があります)

「ローソク足」は「テクニカル分析の基本」であり「酒田五法の基本」でもあります。

まずはローソク足の基本と仕組みを覚え、様々なテクニカル分析に応用しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です