FXチャート予想問題 【第14問】 FXで勝つためのテクニカル分析

シェアする

FXチャート予想問題 【第14問】

FXのトレード手法は様々です。
ファンダメンタルズも重要ですが、テクニカル分析は「最重要」だと思っています。

また、テクニカル分析の方法も数多く存在し、様々なサインが出現するため、
どれを信じていいのかわからない場面も多いですよね。

テクニカル分析とは、過去の相場傾向を踏まえて未来を予想する分析方法なので、
過去のチャートを分析することが非常に重要です。

FXチャート予想問題は、
メタトレーダー(MT4)の過去のチャートから問題を作成し、出題します。

FXチャート予想問題を解き、
今後の動きを予想する力を身に付け、勝つためのテクニカル分析力を鍛えましょう。

中二病
受験や資格試験の「過去問」で対策する感じと一緒だな。
わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
※解答も下に記載していますので、ゆっくり進んで下さい。
スポンサーリンク

FXチャート予想問題【第14問】

メタトレーダー【MT4】に表示しているインジケーター

  • ボリンジャーバンド2σ、3σ
  • 1420、EMA
  • 2075120200、SMA

EUR/JPY:5分足チャート・1時間足 から出題。

下の画像は「5分足」

FXチャート予想問題【第14問】

下の画像は「1時間足」

FXチャート予想問題【第14問】

上昇トレンド、下降トレンドとも言えない、レンジのような局面。
ユーロ円・5分足で、約20pipsの陽線が出現。

この後…皆さんはどんな予想、どんな戦略を立てますか?

ココから解答です。
じっくり考えましたか?(´Д` )

中二病
5分足では、下降トレンドから、緩やかな上昇トレンドに転換している感じにも見えるな。
厨二病
1時間足は、まだ下降トレンド中な感じかな?

OK?(´・ω・`)

FXチャート予想問題【第14問】解答

答えはコチラ↓

5分足チャート↓

FXチャート予想問題【第14問】解答

1時間チャート↓

FXチャート予想問題【第14問】解答

結果は【下降】

長期トレードを主体としている方の場合、
下降後に上昇しているため、一概に売りが正解とは言えませんが、結果は下降。

5分足では、上昇トレンドに転換し始めたようにも見えますが、
1時間足では、まだトレンドラインを抜けていないため、下降トレンド中と考える。

5分足では押し目買いのような局面。
1時間足では戻り売りのような局面。

第13問にもあったように、全体的な流れを把握することに注意しておけば、
売りエントリーが見えてきます。

また、5分足の大きな陽線出現後、
それと同じくらいの大きさである陰線の「かぶせ線」が出現。

かぶせ線

このかぶせ線出現により、5分足でも売り局面と判断できます。

もし、大きな陽線確定後に買いエントリーしても、
かぶせ線確定後に損切りした場合、15pips程のマイナスで済む。

そのままダラダラポジションを保有していたならば、
更に大きな損失になりかねない局面です。

強いサインが出現し、一時的に逆方向に動いているだけと確信できるのであれば、
じっくり腰を据えて待つのもOKですが、

予想と違う動きをした場合は、損失が小さいうちに処理することが重要。

「予想に反して動いた場合、すぐに損切りを検討する」が第8問の教訓です。

この問題は、急な動きに乗っかって買いエントリーした人が損切りをし、

急な動きに飛びつくことなく、冷静に見つめ、
大きな時間軸にも注目しながら戦略を練っていた人が勝者となる。

第12問の教訓は、
「急激な動きについついエントリーしないこと。戦略を練ってトレードすること」でした。

今回の問題は、チャート問題の復習といった感じでした。

FXトレードは、自分のルールを守りながら、常に予習・復習が必要です。
予習とは、この先の動きを予想し、戦略を練ること。
復習とは、過去のトレードの見直しと、過去のチャートから傾向を探ること。

先を読むには、過去の傾向をしっかり把握しておかなければいけません。

冒頭にも記載していますが、
テクニカル分析とは、過去の相場傾向を踏まえて未来を予想する分析方法なので、

過去のチャートを分析することが非常に重要です。

常日頃から、過去の傾向を探り、これからのトレードに活かしましょう。

中二病
失敗して対策を練らないのなら、また同じ失敗を繰り返すだけだ。
厨二病
そうだね。失敗の原因を突き止め、次に活かさないと、一生養分だ。
FX最強武神(自称)
かといって、必ずしも対策通りに行くわけじゃない。そこが難しいのがFXだ…。
教訓 : 今後のFXトレードに活かす
常日頃からトレードの見直しを行い、過去のチャートから傾向を探り、次のトレードに活かす。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です