FXチャート予想問題 【第10問】 FXで勝つためのテクニカル分析

シェアする

FXチャート予想問題 【第10問】 FXで勝つためのテクニカル分析

FXのトレード手法は様々です。
ファンダメンタルズも重要ですが、テクニカル分析は「最重要」だと思っています。

また、テクニカル分析の方法も数多く存在し、様々なサインが出現するため、
どれを信じていいのかわからない場面も多いですよね。

テクニカル分析とは、過去の相場傾向を踏まえて未来を予想する分析方法なので、
過去のチャートを分析することが非常に重要です。

FXチャート予想問題は、
メタトレーダー(MT4)の過去のチャートから問題を作成し、出題します。

FXチャート予想問題を解き、
今後の動きを予想する力を身に付け、勝つためのテクニカル分析力を鍛えましょう。

中二病
受験や資格試験の「過去問」で対策する感じと一緒だな。
わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
※解答も下に記載していますので、ゆっくり進んで下さい。
スポンサーリンク

FXチャート予想問題【第10問】

メタトレーダー【MT4】に表示しているインジケーター

  • ボリンジャーバンド2σ、3σ
  • 1420、EMA
  • 2075120200、SMA

EUR/JPY:5分足チャート から出題。

FXチャート予想問題【第10問】

上昇トレンド後、ダブルトップが出現。
フィボナッチライン(ネックライン)をブレイクしたが、下降が小さくすぐに反発。

同じフィボナッチラインがレジスタンスラインになった後、大きな陽線が出現。

この後…皆さんはどんな予想、どんな戦略を立てますか?

ココから解答です。
じっくり考えましたか?(´Д` )

中二病
ダブルトップが思うように下がらなかった場面か…。
厨二病
レンジに転換したと捉えるべきかな?

OK?(´・ω・`)

FXチャート予想問題【第10問】解答

答えはコチラ↓

FXチャート予想問題【第10問】解答

結果は【上昇】

大きな陽線が出現したことで、小さな「ダブルボトム」が出現しました。
その後、リトレースメントのレジスタンスラインを抜け上昇へ。

また、この局面ではバンドの収束により「どちらかに大きく動くかも?」と予想でき、
大きな陽線出現で、上に放たれたとも考えられます。

更には、200SMAで反発したとも捉えることができます。

この動きにより「レンジ」に移行した可能性が高くなったため、
利確の目安は、前回のダブルトップの高値あたりの「十字架」
もしくは十字架後の「ミドルバンド下抜け」が目安になります。

今回の問題前のダブルトップのように、
利確目安より手前で反発する場合もあるため、少し手前で利確しましょう。

ラインブレイクの基本と傾向 に記載している、
【アタマとシッポはくれてやれ】を忘れないようにしましょう。

教訓:今後のFXトレードに活かす
トレンドが転換したと思った時に、
値動きが小さい場合は「レンジ」に移行した可能性も考える。
利確注文は、予想より少し手前に置いておく。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です