FXチャート予想問題 【第8問】 FXで勝つためのテクニカル分析

FXチャート予想問題

FXのトレード手法は様々です。
ファンダメンタルズも重要ですが、テクニカル分析は「最重要」だと思っています。

また、テクニカル分析の方法も数多く存在し、様々なサインが出現するため、
どれを信じていいのかわからない場面も多いですよね。

テクニカル分析とは、過去の相場傾向を踏まえて未来を予想する分析方法なので、
過去のチャートを分析することが非常に重要です。

FXチャート予想問題は、
メタトレーダー(MT4)の過去のチャートから問題を作成し、出題します。

FXチャート予想問題を解き、
今後の動きを予想する力を身に付け、勝つためのテクニカル分析力を鍛えましょう。

中二病
中二病

受験や資格試験の「過去問」で対策する感じと一緒だな。

※わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
※解答も下に記載していますので、ゆっくり進んで下さい。
スポンサーリンク

FXチャート予想問題【第8問】

メタトレーダー【MT4】に表示しているインジケーター

  • ボリンジャーバンド2σ、3σ
  • 1420、EMA
  • 2075120200、SMA

参考記事↓

ローソク足の基本と仕組み【FXテクニカル分析】
FXや株など、投資で使われる分析方法「テクニカル分析」は様々なインジケーターから分析を行いますが、テクニカル分析の「基本中の基本」は「ローソク足」です。値動きを分析する「チャート」で最も使われているインジケーターが「ローソク足チャート」です。ローソク足の基本と仕組みを覚え、値動きの情報を読み取りましょう…
ボリンジャーバンドとは?基本と傾向【FXテクニカル分析】
FXテクニカル分析では、様々なインジケーターがあります。その中でも有名なインジケーターである「ボリンジャーバンド」ボリンジャーバンドの基本と傾向を覚え、FXテクニカル分析に活かしましょう。ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)とは…ボリンジャーバンドは、20SMA(単純移動平均線)とセットで…
移動平均線(SMA・EMA)基本【FXテクニカル分析】
FXのテクニカル分析で有名な「移動平均線」…移動平均線を表示するだけで様々な分析が可能です。移動平均線の基本を覚え、FXテクニカル分析に活かしましょう。【SMA】は単純な平均線を表示します。「昨日の平均値も、20日前の平均値も、同等の価値がある」という考えのもとに…【EMA】は「10日前より1日前、20日…

ポンド/円:5分足チャート から出題。

FXチャート予想問題【第8問】

大きく見ると緩やかな上昇トレンド。

この後…皆さんはどんな予想、どんな戦略を立てますか?

ココから解答です。
じっくり考えましたか?(´Д` )

中二病
中二病

大きく見れば上昇トレンド。

厨二病
厨二病

大きなローソク足で○○が出現しているね。

OK?(´・ω・`)

スポンサーリンク

FXチャート予想問題【第8問】解答

答えは下の「チャート問題【答え】」をクリック!

チャート問題【答え】
答えはコチラ↓

FXチャート予想問題【第8問】解答

結果は【後々上昇】

正解は、勢いよく下がるが、結局上昇トレンドに戻る。

中二病
中二病

なんだその微妙な解答…。

厨二病
厨二病

スキャルピングで売りなら正解。デイトレで売りなら不正解といった感じかな?

矢印のところが、問題の画像の最終ローソク足です。

確かに下降トレンドに変わりそうな時に、毛抜きのような勢いのある陰線が出たので、
スキャルピングトレーダーの私としては、売りエントリーでも正解だと思います。

ローソク足 毛抜き天井・毛抜き底 【FXテクニカル分析】
「毛抜き天井」と「毛抜き底」の基本、傾向を知り、FXのテクニカル分析に活かしましょう。ローソク足「毛抜き天井」「毛抜き底」とは?…毛抜き天井、毛抜き底の基本と傾向…上昇中の「毛抜き天井」出現で、「トレンドが変わるかも」「値動きが鈍くなるかも」と予想でき…下降中の「毛抜き底」出現で……転換方向のローソク足が…

ですが「瞬時に利確できるか」がこの問題の課題ですね。

下降直後に2σのボリンジャーバンドを逸脱しているため、
下降が止まるかもしれないと考え、すぐに利確も視野に入れておく。

毛抜きと同じ価格辺りまで戻った時に、まだポジションを持っていたら、
その後は利確タイミングを失い、損切りするハメになりそうな値動きです。

ボリンジャーバンド 傾向とトレード手法【FXテクニカル分析】
ボリンジャーバンドの傾向とトレード手法を覚え、FXのテクニカル分析に活かしましょう。基本的な使い方は逆張り…突き抜けたから流れが止まるんではないか?と予想…ボリンジャーバンドの収束…【バンドが縮んできた = そろそろ大きな動きになるかも】と予想…バンドウォークとは、バンドに沿って市場価格が上昇または下降…

スキャルピングで売りエントリーしたら、下降後の陽線が確定したら利確が正解。

もしくは、問題のところは見送って、
緑の点線(200SMA)辺りでの反発で買いエントリーも正解ですね。

今後のFXトレードに活かすために
利確のタイミングに注意する。
予想に反して動いた場合、すぐに損切りを検討する。

次のチャート問題へ

コメント