FX初心者が知るべき【リスク・リターン】を照らし合わせなければ養分

シェアする

FXの基本・メンタル

皆さんご存知の通り、FXトレードには「リターン」もあれば「リスク」もあります。

頭では分かっていても、
初心者の方はリターンだけに囚われ、リスクを忘れがちになっていたり、
リターンを考えずに無意味なリスクを負っていることもあります。

そんなFXトレードにおけるリスク・リターンを改めて確認し、
リスクとリターンを照らし合わせながらFXトレードを行いましょう。

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

FX【トレード】におけるリスク

トレードを行うということは、もちろんリスクが付きものです。
FXトレードにおける「リスク」は主に以下の5つ。

  1. 為替変動リスク
  2. 金利変動リスク
  3. 流動性リスク
  4. オンラインリスク
  5. 信用リスク

FXには様々なリスクがありますが、一番の主なリスクは「為替変動リスク」です。

FXでは、この「為替変動」で利益を得たり、損をしたりします。
FXトレードを行うなら、為替変動のリスク・リターンを十分に理解する必要があります。

リスクとリターンを十分に理解しよう。

「虎穴に入らずんば虎児を得ず」…有名なことわざですね。

投資の世界、FXトレードでも、もちろんこの言葉に当てはまります。
お金を儲けたいのならば、危険を覚悟しなければいけません。

中二病
「虎穴に入らずんば虎児を得ず」=「リターンを得るにはリスクを取らなければならない」ということだよな。

ノーリスクの投資なんてありません。

むしろノーリスクということは、
変動する可能性がない = ノーリターン なので投資する意味がありません。
リスクとは、リターンを生み出す源泉です。

リスクをとる = それだけリターンの見込みがある。ということになります。

厨二病
大きなリスクを取れば、大きなリターンが見込めるということだね。

リスクについては、証券会社などで散々記載されているので、
よくわかっている方も多いと思いますが、
リターンについて詳しく書いているFX会社はありません。

「リターンに見合ったリスクをとって下さい」なんて書かれていません。

中二病
見たことないね。

リスクを取っているのに、リターンを得ていなければ単なる養分です。

あなたは実際にリスクに見合ったリターンを得ているでしょうか?
エントリーするとき「リスクとリターン」を照らし合わせて考えていますか?
無意味なリスクをとり、無意味に資金を減らしていませんか?

厨二病
リスクとリターンを照らし合わせる??

FXトレード(投資)は、リスクとリターンを照らし合わせ、
「このトレードは、リスクに見合ったリターン(見込み)があるのか?」
ということを考えなければなりません。

俺と一勝負してみないか?

あなたの目の前に、
黒髪のロン毛で、鼻がメチャクチャ高く、
顎先が鋭角にスッと伸びた、ベンツのエンブレムを集めている怪しい奴が現れ、
「俺と一勝負してみないか?」と勝負を持ち掛けられたとしよう。

その怪しい奴は、地下チンチロで勝った経験があるため、
調子に乗ってか、同じサイコロでの勝負をしたいらしい。

「チンチロではない。サイコロを一つだけ使った簡単な勝負だ。」
「賭け金は2択。どちらか選んでくれ。」

①サイコロを振って、
偶数が出たら100万円貰える
奇数が出たら100万円支払う

②サイコロを振って、
偶数が出たら10万円貰える
奇数が出たら10万円支払う

もしくは、俺の指とあんたの1000万を賭けてみないか?

指のくだりは置いといて…

もちろんカ○ジはイカサマには長けているため、こちらで用意したサイコロと器を使用する。
①②共に、前回出た目のデータも無ければイカサマもなし、勝率50%一発勝負の半丁博打。

あなたならどちらを選びますか?

①を選択した場合

①の場合の期待収支は
+100万円×50%=+50万
ー100万円×50%=ー50万
+50万円ー50万円=期待収支「0」

②を選択した場合

②の場合の期待収支は
+10万円×50%=+5万円
ー10万円×50%=ー5万円
+5万円ー5万円=期待収支「0」

どちらも、リスクはあるのに期待収支はゼロです。

投資の観点からすると、そもそもこのギャンブルに賭ける意味がないのです。

リスクをとるなら、それ以上のリターン(見込み)がなければ、
その投資は、良い投資とは言えません。

中二病
指に1000万なら尚更だな。
厨二病
てか、カ○ジって言ってるよね?

どんな時に「リスクとリターン」が見合うのか?

リスクとリターンが見合うときは
リスクに比べ「リターン」の方が大きい時です。

上のギャンブルを例に、

サイコロを振って、
偶数が出たら20万円貰える
奇数が出たら10万円支払う

+20万円×50%=+10万円
ー10万円×50%=ー5万円
=期待収支+5万円

中二病
この場合、やらなきゃ損だな。

こんなギャンブルは実際にありませんが、
資産を増やすためには、このように「期待収支」を考えてトレードを行う必要があります。

リスクを負うのであれば、それ以上のリターン(見込み)があるトレードをするべきです。

FXで「リスクとリターン」が見合うときとは?

すべての投資は、不確定のリターンを狙ってトレードします。
100%勝てる投資なんてありません。

では、FXの「リスクとリターン」が見合うときとはどんな時か?
それを【テクニカル分析】でリスクとリターンを照らし合わせます。

例えば下の画像、トレンドラインのブレイク。

トレンドブレイク

トレンドラインをブレイクした場合、
下抜けて、そのまま下降する確率が60%
抜けてすぐ戻ってくる確率が40%とした場合、

戻ってきた場合はすぐに損切りすると仮定し、-20pipsとします。
では、利益はどのくらい見込めるでしょうか?

ラインブレイクの詳しい解説はコチラ↓
ラインブレイクの基本と傾向【FXテクニカル分析】

強いラインのブレイクほど、狙えるpipsは大きくなります。
最低20pipsくらいは狙えるでしょう。
20pips以上を狙える可能性は70%以上と言ってもいいと思います。

20pipsを20万とした場合、
ー20万×40%=8万円
+20万×60%=12万円
=期待収支4万円

20pips以上の70%を抜きにしても、
リスクよりもリターンの方が大きく、投資する価値があると判断できます。
(ここでは単純な計算ですが、実際にはスプレッドなどもあります)

このように、損する確率と得する確率を比べ、
毎回のトレードで「リスク以上のリターンが見込めるか」ということを考えるべきです。

その確率を算出するために
「テクニカル分析の基本と傾向」を覚えトレードに活かすのです。

テクニカル分析を「確率」として見る

ローソク足の「毛抜き天井」の場合で考えてみましょう。

ただ、毛抜き天井だけが出現した時と、
レジスタンスライン手前で毛抜き天井が出現した場合、どちらが転換する確率が高いか?

もちろん後者ですね。

このブログでは、このようなことを何度も記載しています。

強いトレンドラインを「ブレイク(上抜け)」した直後に「毛抜き天井」が出現した場合、
トレンドラインのブレイクの方が、強い(信頼できる)確率が高いですよね。
(確実ではありませんが、傾向などを踏まえた予想として)

中二病
毛抜き一つじゃ、ラインブレイクの勢いには勝てないだろう。

テクニカル分析では、逆のサインが同時(または直後)に出ることが多々あります。

どちらのサインが強いのか?どちらの確率が高いのか?
このトレードのリスクとリターンは見合っているのか?

ということをしっかりと考え、見極めながら、

無意味なリスクを避け、希望的観測でリターンを狙わないことが大切です。

テクニカル分析を確率と捉えてトレードしましょう。

まとめ

  • FXの一番のリスクは「為替変動リスク」
  • リスクとは、リターンを生み出す源泉。
  • リスクをとるなら、それ以上のリターンがなければ、その投資は良い投資と言えない。
  • テクニカル分析でリスクとリターンを照らし合わせる。
  • テクニカル分析を「確率」として見る。
  • 無意味なリスクは避け、希望的観測でリターンを狙わない。
  • カ○ジについては触れない。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です