FXは何で利益が出るのか?値動きの仕組みとレバレッジ

シェアする

FXの値動き、レバレッジ

FXとは外国為替証拠金取引のことで、為替取引とも呼ばれています。

最近ではバイナリーオプションなども流行っていて、
FXトレーダーの人口が急激に増えてきていますね。

そんなFXですが、なんで値が動くのか?
どうして儲けることができるのか?

わからない用語があれば FX用語一覧 で確認してください。
スポンサーリンク

FXとは通貨と通貨の交換取引

基本的に通貨は、ドルと比較されます。
ドル/円の場合、ドルが高くなると、相対的に円が安くなります。

また、円が高くなると、ドルが安くなります。
外国為替レートは基本的に、買いたい人が、売りたい人よりも多ければ、その通貨は上昇し、
その反対に売りたい人が多ければ下落します。

景気、金利などで変動しますが、
他の様々な要因にも左右され、
休むことなく常に変動しています。

下の画像を見ると、細かく波が出来ていたり、
時には大きく動いたりしてますね。

bandicam 2014-05-25 20-00-45-960

このように為替相場(市場価格)は常に動き続けています。

なぜ利益が出る?レバレッジとは何?

為替とは、通貨と通貨を交換する取引ですので、
1ドル100円の時に、100万円をドルに変えると、
手元のお金は100ドルになります。

その100ドルを、1ドル120円の時に
ドルから円に両替すると、
手元のお金は120万円になり、20万円儲かるわけです。

このように、通貨と通貨を交換し、
その価値の変動により、儲けたり、損したりします。

また、FXにはレバレッジがあります。
FXをしてみようと思った方は、
一度は聞いたことがありますよね?

レバレッジとは、「てこの原理」という意味で、
FX取引でも、そのような意味で使われます。

レバレッジを掛けると、自分の資金の何倍ものお金を動かす事ができます。

レバレッジを掛けずに取引すると、
100万円をドルに変えて、1円「円安」になった時に日本円に戻すと、
1ドル101円なので、1万円儲かる計算です。

日本のレバレッジの最大は25倍なので、
25倍のレバレッジを掛けると、
約4万円の証拠金で100万円分の取引が可能になります。

元手4万円で取引をし、1円円安になると、1万円儲かった事に。

資金が25%増えたのと、1%増えたのとでは大違いですね。

逆を言えば、レバレッジを大きく掛けると、リスクも高まります
100万円をドルに変えて、1円円高に動いた時は、損失としては1%ですが、
4万円から1万円減るとなると、25%の資金が減ったことになります。

レバレッジを掛ける分、多くの取引が可能になりますが、
逆を言うと、多くの資金を失う可能性も高まります。

日本では、レバレッジの規制がかかりましたが、
それでも最大25倍の取引ができます。

自己資金を早く増やしたいなら、
他の金融商品より、レバレッジが掛けられる
FXをオススメします。

私はレバレッジ規制前から
日本口座で200~300倍ぐらいで取引してましたので、
ハイレバレッジの【XM】をオススメしています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です