【FX用語】ニューヨークダウ、日経平均株価、インターバンクなど

シェアする

【FX用語】ニューヨークダウ、日経平均株価、インターバンクなど

このページでは下記の用語解説を記載しています。

  • 国際通貨基金
  • ニューヨークダウ
  • 日経平均株価
  • 東京外国為替市場
  • 東証株価指数
  • インターバンク市場
  • インターバンクレート
スポンサーリンク

ニューヨークダウ、日経平均株価、インターバンクなど

国際通貨基金

国際通貨基金とは通貨の安定と、為替の安定を目的として
発足された、国際連合の専門機関です。

ニューヨークダウ

ダウ・ジョーンズ社が開発した株価指数。

ニューヨーク証券取引所の上場銘柄を中心に、
世界的に有名な優良企業30銘柄で構成されています。

日経平均株価

日本経済新聞社が公表している株価指数。

東証1部上場銘柄のうち225銘柄の株価をもとに計算しています。
「日経225」「日経平均」などと言われます。

東京外国為替市場

東京市場において外国通貨の売買が行われている市場。
朝の9時から夕方の17時頃までが、慣習的に東京市場での取引とされます。

東証株価指数

東証株価指数は一般的に、TOPIXと言われます。
日経平均株価と並んで、日本の株式市場を代表する株価指数。

東京証券取引所の第一部に上場している、
全銘柄の浮動株時価総額によって算出されます。

インターバンク市場

金融機関など、限定された市場参加者が取引をする市場。
日本銀行や各銀行、証券会社、ブローカーなど。

インターバンクレート

銀行間の取引レート。
銀行間で取引されるレートを「仲値」として一日使うこととなっている。

【用語一覧に戻る】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です