【FX用語】各ライン、一目均衡表、RSI、MACDなど

シェアする

FX用語集

このページでは下記の用語解説を記載しています。

  • レジスタンスライン
  • サポートライン
  • トレンドライン
  • ラインブレイク
  • 収束三角形
  • ダブルトップ、ダブルボトム
  • ヘッド&ショルダー
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • パラボリック
  • RSI
  • ダイバージェンス
  • ストキャスティクス
  • MACD
各テクニカル分析や、インジケーターの使い方などの詳しい方法は、
FXテクニカル分析】に掲載しています。
スポンサーリンク

各ライン、一目均衡表、RSI、MACDなど

レジスタンスライン

上値抵抗線。

高値に横線を引いたもので、それ以上は超えにくい、または反転するんではないか?
などの予想に使う線。

レジスタンス、サポート、トレンドライン

サポートライン

レジスタンスとは逆の、下値抵抗線。安値に線を引き、判断材料に使う。

トレンドライン

トレンドに引くライン。
高値と高値を結ぶか、安値と安値に線を引く。
右上がりなら上昇トレンド。右下がりなら下降トレンド。

ラインブレイク

上記の各ラインを突き抜けること。
突き抜けた場合は、突き抜けた方向に、相場が一時的に大きく動くと予想される。

抵抗していた線を抜けるということは、取引量が増加しているので、
大きな動きや、トレンド転換などが起こりやすい。

ラインブレイク

収束三角形

トレンドラインとトレンドラインの間、
またはトレンドラインとサポートもしくはレジスタンスラインの間を行き来し、
値動きが小さくなっている状態。

個人的には、ラインブレイクよりも強力なサインと思っています。

収束三角形

ダブルトップ、ダブルボトム

二つの山、二つの谷からなるトレンド転換サイン。
ラインを抜けたら、前回の山or谷の分動くと予想されるサイン。

ダブルトップ、ダブルボトム

ヘッド&ショルダー

ダブルトップ、ボトムの一つ山or谷の多い形
ダブルトップ、ボトムと同じ考え方です。

ヘッド&ショルダー

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、移動平均線の上下に標準偏差から求めた、
乖離率(かいりりつ)幅を帯のように表した、
売られ過ぎや買われ過ぎを示すテクニカル指標です。

ボリンジャーバンド

一目均衡表

細田吾一(ペンネーム一目山人)という人が開発したテクニカル分析。

一目でよく分かるという意味合いがあり、
このインジケーターは多くの人に愛用されています。
一つで色々と表示され、様々な分析方法があります。

一目均衡表

パラボリック

パラボリックとは「放物線状の」という意味で、順張り系のテクニカル分析です。
ローソク足の上下に表示され、上にあれば売り、下にあれば買いのサインになります。

RSI

相対力指数とも呼ばれるRSIは、
一定期間の実勢レートの変動幅に対する上昇幅の割合から、
買われ過ぎや、売られ過ぎを見るインジケーターです。

ダイバージェンス

ダイバージェンスとは、RSIやストキャスティクスなどの表示と、
ローソク足の動きが逆になっている時のトレンド転換サインです。

ダイバージェンス

ストキャスティクス

買われ過ぎや、売られ過ぎ、上がり過ぎ、下がり過ぎなどを見つけ、
流れに逆らってトレードするオシレーター系のインジケーターです。

MACD

MovingAverageConvergence/Divergenceという名前で
基本的にはオシレーター系指標ですが、
MovingAverage(移動平均線)と名前に入っているように、
移動平均のトレンド系要素も含むので、
スキャルピングよりは、デイトレ以上のトレードに向いています。

上から
ボリンジャーバンド
RSI
ストキャスティクス
MACDRSI、MACD、ストキャスティクス

【用語一覧に戻る】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です